Freshman Festival 2014(当日の様子)

3月13日の15時から、雨が降る中、駒場キャンパスの生協食堂1階と第二体育館の2会場に分かれて、新入生歓迎イベント、Freshman Festivalが開催されました。食堂では交流会などのオリジナル企画が、体育館では2014年から3年間中止になることが決まっている掲示板での合格発表の再現が行われました。


食堂でのイベントは応援団のデモンストレーションによって始まりました。リーダーの動きやチアリーダーのダンス、ブラスバンドの演奏を間近で鑑賞できる貴重な機会となっていました。

代表挨拶

東京大学FreFes2014運営委員会代表、法学部3年の森安芽衣さんが挨拶をした後にゲストが紹介されました。株式会社青藍義塾代表取締役塾長の坪田信貴さん、株式会社ナインシグマ・ジャパン取締役の星野達也さん、東京大学教養学部附属教養教育高度化機構特任講師の坂口菊恵先生、東京大学大学院総合文化研究科修士課程1年で指揮者としてご活躍中の木許裕介さん、大学1、2年生が自分自身の未来を考えるプラットフォームとしてつくられたキャリア大学の設立者の一人である農学部4年の喜多恒介さんです。坪田氏は「教え子と共に教科書に載りたい」、星野氏は「合格者と正直に話し合いたい」、坂口氏は「面白い人を見つけて面白い人になってほしい」、木許氏は「自主的にこのイベントを開催してくれてうれしい」、喜多氏は「東大で何かをやる場所が欠けていたらその周りの社会も意識してほしい」とおっしゃいました。

交流会風景

交流会では新入生がゲストや在校生、他の新入生と自由に話すことができました。大学に関することを在校生から聞く、おしゃべりを通して友達を増やすなど、新入生はさまざまな形で交流会を楽しんでいました。ゲストや在校生は率直に話し、新入生の関心に応えていました。フリードリンクや各種サークルによる生演奏など、飽きさせない工夫がされていました。この時期に多くの人と話す体験は新入生にとって充実した大学生活につながりそうだな、と思いました。

胴上げ再現

体育館で行われた合格発表の再現では、前年度までの発表と同様に、さまざまな運動部によって胴上げや写真撮影が行われていました。新入生にとって、とても印象に残るものになったと思われます。体育館の壁には受験番号の載った大きな紙が張り出されていて、掲示板から自分の受験番号を見つける喜びも再現できていたようでした。

体育館が閉場した後の17時50分から、食堂で新入生2人によるスピーチがありました。聖光学院高校出身の寺田さんは、幼少期を海外で過ごしたからこそ日本が好きで、東大で仲間を探して愛国心の胡散臭さを一緒に取り払いたいと話し、六甲高校出身の田中さんは、東大には異なる地域から人が集まるので、ハイブリッド自動車のように多くの人と背景を共有して新しい自分になりたい、と話しました。また、2名とも目標の実現のために仲間を増やしたいと語っていて、会場にいる多くの人たちが耳をかたむけていました。

最後にスピーチを行なった寺田さん、田中さんほか数名の胴上げが行われ、応援部による東京大学応援歌『ただ一つ』の演奏でイベントは締めくくられました。

運営スタッフの願い通り、合格が祝福される雰囲気をどの企画でも総勢200名弱の新入生が楽しめたようでした。

Freshman Festival 2014:外部リンク

ウェブサイト:http://freshmanfestival2014.web.fc2.com/

Twitter:https://twitter.com/frefes2014/

Facebook:https://www.facebook.com/frefes2014

学内活動の情報

 2017年3月 

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

イベントメニュー

≫今月のイベント一覧
≫カテゴリ別イベント一覧
≫イベント情報を登録する
≫イベント記事を見る

≫UT-Lifeトップに戻る

このページにコメントを送る
このページへの評価:いい!よくない!
掲載日:14-04-11
担当:伊藤重賢
*