第2回国際開発フォーラム(事前取材)

将来は国際機関でグローバルに働きたいと考えている学生は少なくないのではないでしょうか。外務省によると、国際機関における日本人職員数は増加しているものの、望ましい日本人職員数と比べて実際の日本人職員数はまだまだ少ない状況にあり、より積極的な人的貢献が求められているということです。ただ、国際機関で働くと言っても、実際にどんな仕事ができるのかイメージするのが難しかったり、学生のうちに何を考えどんな力を身に付ければよいのか分からなかったりすることが多いと思います。

そこで今回は、今月開催される予定の「第2回国際開発フォーラム」を紹介します。本企画の広報を担当している鶴田さん(農学部国際開発農学専修3年)にお話を伺いました。国際機関で働くことを考えている方、あるいは働くとまではいかなくても国際協力や途上国支援に興味のある方は、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

※本企画は事前予約制となっています。下記リンク先、ウェブサイトから参加予約をしてください。


―国際開発フォーラムについて簡単に教えてください。

東京大学農学部国際開発農学専修の3年生が企画・運営する、国際開発に関する勉強会です。講演会やワークショップ、物産展など様々な形式で、毎年数回企画しています。今年度は、7月に第1回を開催し、次回が第2回となります。

第2回国際開発フォーラム
 『国際舞台で必要な力とは ―元国際公務員が語る、小さくて大きなこと―』
日時 2016年12月18日(日)14時開始
※18時終了予定、その後懇親会あり
場所 東京大学 本郷地区 弥生キャンパス 2号館 化学第2講義室
対象 学生《大学・学部・学年不問》
参加費 無料
講師 横井幸生氏
東京大学農学部を卒業後、米国コーネル大学大学院修士課程を修了。農林水産省や独立行政法人での勤務を経て、FAOローマ本部にて国際植物防疫条約事務局長に赴任する。JICAでは途上国の農村開発支援を担当、JETROへの出向やOECDへの派遣などを経験し、農産物貿易交渉などに関わってきた。現在は、農林水産省の横浜植物防疫所にて調査研究部長を勤める。
プログラム 講演 峭餾鬱ヾ悗砲弔い董
講演◆峭餾鬱ヾ悗氾咯綛颪隆悗錣蠅砲弔い董
講演「国際舞台でのコミュニケーションについて」
各講演後に、関連したワークショップを行います。
予約
フォーム
http://goo.gl/h5z1Z0
予約〆切:12月13日(火)23時59分

―今回のフォーラムの目的を教えてください。

今回の目的は、「講師の国際機関での実体験をもとに、国際舞台で活躍するために必要な力を見出す」ことです。国際機関の視点から国際開発を捉えるイベントを企画し、国際機関で働くことに関心のある学生が主体的に学べる場を設けたいと考えています。国際機関がどのように機能しているのか、国際機関で働くとはどういうことなのか、学生の私たちには分からないことが多いはずです。講師の横井様の国際機関での体験をもとに、より具体的に学び、考える機会にしたいと考えています。

―当日はどのようなことをするのですか。

単にお話を伺うだけでなく、参加学生が主体的に学べるよう、講演会とワークショップを組み合わせた内容を用意しています。講演会は三部構成になっており、講師の横井様の国際機関での経験やそこに至るまでの経緯をもとに、国際機関とは何か、途上国にどのように関わっているのか、国際舞台で活躍するためにはどのような力や視点が必要なのかをお話しいただきます。また各講演後に、国際機関をキャリアの選択肢のひとつとして具体的に想像できるようなワークショップを行います。

―どのような学生に参加してほしいですか。

国際機関で働くことをキャリアのひとつとして考えている学生にはぜひ積極的に参加していただきたいと思います。国際機関で働く上で、自分の何が強みとなり、何が足りていないのか、どの国際機関をイメージすればよいのかといったことを、このフォーラムで見出せるはずです。

また、国際機関で働くことを考えていない学生でも、国際協力や途上国支援に興味のある学生や、国際舞台で活躍したいと考えている学生であれば、本イベントは必ず有意義なものになると確信しています。私たち国際開発農学専修の学生も多く参加しますが、国際機関で働くことを既にキャリアのひとつとして考えているというよりは、漠然と国際協力や途上国支援に関わりたい、そのためにも国際舞台で活躍できる人材になりたいと思っている学生が多いように思います。今回のフォーラムは国際機関に焦点を当てていますが、国際機関に限らず、国際舞台で活躍するために必要な力を見出すことができる内容になっています。

―このフォーラムを開催するにあたって苦労したことはありますか。

国際開発フォーラムは、国際開発農学専修の3年生によって企画・運営されるイベントで、本専修特有の教育プログラムですが、いつどこで誰を招き、誰を対象に何をするのか、1年に何回どのような形で開催するのかは、全て学生に委ねられています。そのため、なによりテーマと講師を決めるところに難しさがありました。運営メンバーで話し合いを繰り返し、自分たちが本気になれるような関心のあるテーマを取り上げるという点を重視してテーマを決定しました。現在は講演会とワークショップの内容に関して日々検討を重ねています。特にワークショップは、講師の横井様と私たち運営メンバーで案を出し合い、面白さや実現性、参加学生の学びという点から内容を練っているところです。また、参加学生の募集にも力を注いでいます。既に続々と予約が入っており、ありがたい限りですが、まだ定員には余裕がありますし、国際舞台で活躍したいと考えている多くの学生にこの機会を活用してもらいたいと考えています。

―最後にメッセージをお願いします。

国際舞台で活躍したいと考えている学生は少なくないと思っています。それは、国際機関で働きたいとか国際公務員になりたいとかそういう具体的なことでなくても、漠然と、国際協力をしたい、途上国支援に携わりたい、と考えていれば十分で、その漠然とした感覚をこの国際開発フォーラムの場でより具体的なものにしてもらいたいと考えています。国際機関が実際にどのように機能しているのか、国際機関で働くとはどういうことなのか、国際舞台で活躍する人材になるためには何が必要なのか、具体的に学び、考え、ご自身のキャリアとして捉える絶好の機会となるはずです。国際機関・国際協力・途上国支援などに興味のある学生のみなさん!大学・学部・学年不問、参加費無料のイベントですので、ぜひこの機会を活用して、国際舞台で活躍する第一歩を踏み出してみませんか? 予約締切は12月13日(火)23時59分です。たくさんのご予約をお待ちしています。

第2回国際開発フォーラム:開催概要

第2回国際開発フォーラム:外部リンク

Facebookページ:
  http://www.facebook.com/events/376913049314048/?ti=icl

Twitterページ:http://twitter.com/utkokusai16

参加予約フォーム:http://goo.gl/h5z1Z0

学内活動の情報

 2017年4月 

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

イベントメニュー

≫今月のイベント一覧
≫カテゴリ別イベント一覧
≫イベント情報を登録する
≫イベント記事を見る

≫UT-Lifeトップに戻る

このページにコメントを送る
このページへの評価:いい!よくない!
掲載日:16-12-08
担当:望月洋樹
*