東京大学の歴史

東京大学の誕生

明治4年の大学付近の地図
大学・大学東校・大学南校の地図(明治4年)

 明治新政府の成立に伴い、旧幕府の管轄下にあった昌平坂学問所・開成所・西洋医学所の3校は1868年(明治元年)にそれぞれ昌平学校・開成学校・医学校となり、政府に接収される形で復興しました。その後、大学が国学と漢学を、大学南校が西洋の社会・人文諸学を、大学東校が西洋医学を分担し、教育研究に携わる人材の養成機関とするという、明治維新後初めての総合学園構想が打ち立てられました。この計画は実行され、1869年(明治2年)には本郷湯島の昌平学校が大学、神田一ツ橋の開成学校が大学南校、下谷和泉橋通の医学校が大学東校となりました。しかし、国学者・漢学者・洋学者の間に学問論争が起こり、新政府は国学復古の方針から一転して洋学重視の立場に立って、明治4年には大学(本校)を閉鎖してしまいました。

 大学南校はその後、南校・第一大学区第一番中学と改称・発展し、1873年(明治6年)4月には開成学校となり、新校舎を新たに神田錦町に設けました。一方、大学東校も東校、第一大学区医学校と改称、発展し、1874年(明治7年)には東京医学校となりました。当時、この2つの教育機関は制度上関係を持っていなかったのです。

東京大学医学部
東京大学医学部(明治12年)

 西南戦争勃発直後の1877年(明治10年)4月12日、東京開成学校と東京医学校が合併して、わが国最初の大学「東京大学」が誕生しました。当時は法・理・文の3学部と医学部と予備門の3つの機構で構成された緩い統合体に過ぎず、1878年(明治11年)から大学としての整備が順次なされていきました。まずは学生に学位を授ける権利が与えられ(当時の学位は「学士」一本のみでした)、1880年(明治13年)に後の大学院の先駆けとなる学士研究科が設けられました。これらの変革を皮切りに、本郷の加賀前田家上屋敷をキャンパスとして、3年間にわたって集中的に整備されていきました。(ちなみに、当初は本郷ではなく千葉県国府台に建設される計画がありました。)


≪ 前のページへ | 次のページへ ≫

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:07-03-06
担当:八木宏晃
*
渡邉洋平
*