駒込ピペット

駒込ピペットとは、化学溶液などの液体を採取する際に用いられるスポイト型の器具です。実は駒込ピペットの考案者は東京帝国大学の卒業生であり、後に医学部の教授も務めました。

駒込ピペットの考案者の二木謙三氏は、1901年に東京帝大を卒業した後、駒込病院に就職しました。駒込病院は当時感染症の治療を専門としており、患者から検体を採取して検査する必要がありました。しかし、この頃のピペットは口で液体を吸う形式で危険だったため、二木氏はゴムをつまんで検体を採取できる使い捨て型の駒込ピペットを考案しました。そしてピペット業者の小林吉次郎氏に依頼して作製してもらい、以降駒込ピペットが普及しました。これらは、二木氏が院長を務めていた1920年代の出来事だと推測されています。

二木氏は駒込病院で新種のコレラ菌や赤痢菌を発見しました。さらに、ドイツ留学を経て1909年からは東京帝大医学部の講師も兼任し、助教授への昇進後の1915年に鼠咬症スピロヘータという病原体を発見し、教授への昇進後の1924年に日本脳炎の病原体を他の脳炎の病原体と区別し、1926年には日本伝染病学会を設立するといった功績を残しました。

このように、駒込ピペットの由来をたどってみると、当時の感染症に関する治療や研究の発展を表すエピソードがあります。

リンク

がん・感染症センター都立駒込病院-沿革

二木 謙三 (ふたぎけんぞう) | 校史資料 | 秋田県立秋田高等学校同窓会

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:15-08-25
担当:伊藤重賢
*