生活形態

 東大では、自宅から大学に通っている人が48.5%、一人暮らしなど自宅外に住んでいる人が51.1%で、ほぼ半分ずつとなっています。

居住区分 自宅生の居住地区

 自宅外生の9割以上が東京都内(うち23区内が8割以上)に住んでいますが、自宅生は東京都が48%、神奈川県が27%、千葉・埼玉県が12%ずつ、などとなっています。また、自宅外生の居住区分としては、賃貸マンション・アパートが最も多く(70.2%)、東大以外の寮がそれに続き(12.0%)、以下東大学寮・三鷹国際学生宿舎(8.0%)、分譲マンション(4.7%)、下宿(2.7%)と続きます。

自宅外生の居住区分 通学時間

 通学時間は、自宅生が片道1時間5分、自宅外生は30分が平均となっています。自宅生と自宅外生とでは、往復で1時間以上の差があることになります。総務省統計局による平成13年社会生活基本調査によると、大学生の平均通学時間は片道38分が平均ですので、東大生も他の大学生とあまり変わらないということがわかります。

参考

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:07-02-21
担当:金井雄太
*