ロシア語

ロシア語は、東大の第二外国語では唯一のスラブ語派の言語です。ロシアのみならず、旧ソ連のカザフスタン、キルギス、ベラルーシでも公用語とされているほか、現在も宇宙開発の分野で使用されています。ロシア語を選択する東大生は少ないですが、近年増加傾向にあり、文系ロシア語のクラスは「文ロシ」、理系ロシア語のクラスは「理ロシ」と呼ばれています。

ロシア語が難しいといわれる第一の理由が、キリル文字と呼ばれる独自の文字です。一見形が似ているアルファベットを元として作られたと思っている人が多いかもしれません。しかし実際は、nの音を"н"、iの音を"и"、rの音を"р"、hの音を"х"、日本語の「や」の音を"я"と表記するなど、アルファベットとの対応関係は薄いです。実は、キリル文字はアルファベットを元として作られたのではなく、アルファベットの元となったギリシア文字を元として作られたのです。したがって、アルファベットとは全く異なる文字だと思ってよいでしょう。ところが文字を覚えるのは案外簡単で、アルファベットのNを書こうとして間違ってキリル文字のИを書いてしまいそうになるほどですが、ロシア人は手書きの際はふつう筆記体を使用するので、筆記体の読み書きもさせられます。

例1
студент(男子生徒)
単数 複数
主格 студент студенты
生格 студента студентов
与格 студенту студентам
対格 студента студентов
造格 студентом студентами
前置詞格 студенте студентах

ロシア語が難しいもう一つの理由が、名詞・動詞・形容詞がすべて変化し、変化形が非常に多いことです。名詞は語尾の文字によって男性名詞・女性名詞・中性名詞に分けられ、それぞれの単数形と複数形の「主格」「生格」「与格」「対格」「造格」「前置詞格」を覚えなければなりません(例1)。

例2
хороший(良い)
男性 中性 女性 複数
主格 хороший хорошее хорошая хорошие
生格 хорошего хорошей хороших
与格 хорошему хорошей хорошим
対格 活動体:хорошего хорошее хорошую 活動体:хороших
不活動体:хороший 不活動体:хорошие
造格 хорошим хорошей хорошими
前置詞格 хорошем хорошей хороших

また形容詞も修飾する名詞の性と数、格によって変化します(例2)。

例3
идти(行く)
主語 現在形 過去形
単数 一人称:иду 男性:шёл
二人称:идёшь 女性:шла
三人称:идёт 中性:шло
複数 一人称:идём шли
二人称:идёте
三人称:идут

動詞は、不定形のほかに現在形の一人称単数、一人称複数、二人称単数、二人称複数、三人称単数、三人称複数と過去形の男性単数、女性単数、中性単数、複数の計10パターンを覚える必要があります(例3)。またこれとは別に命令形もあります。

覚える事項が多いぶん、英語よりも文法の規則は緩いです。動詞を見るだけで、主語が一人称か二人称か三人称かを判定できるので、主語はしばしば省略されます。また名詞の格を見れば主語と目的語を区別できるので、語順もよく入れ替わります。ロシアに美しい歌が多いのは、語順の柔軟さも要因の一つであるといわれています。さらに、英語の勉強で私たちを悩ませるいくつかの要素はロシア語にはありません。ロシア語には冠詞がないこと、疑問文で倒置が起こらないことなどがその例です。現在形ではbe動詞に当たるものがないので、主語と補語あるいは副詞だけの簡潔な文も多いです(例:Пётр дома. ピョートルは家にいます。"дома"は家にいることを表す副詞。)。

発音と表記の関係はある程度規則的なので、英語のように単語の発音を覚える苦労はさほどありません。ただし、ロシア語では発音以上にアクセントが重視され、またアクセントの有無によって発音が変わる母音があるので注意が必要です。例えば、оはアクセントが置かれる場合のみオと発音され、アクセントが別の位置にある場合はアと発音されます。

ここまで見ると、ロシア語は英語と全く異なる言語のようにも思われますが、いちおうインド・ヨーロッパ語族に含まれ、関係代名詞や関係副詞の用法は英語とほぼ同じです。また、例1で出てきたстудент(発音は「ストゥヂェント」)のように英語と似ている単語も多いです。ただし、所有の表現などは英語とは全く構造が異なります。

ロシア語は、隣国の言葉であるにもかかわらず日本ではなかなかなじみがない言語であり、さらに難しいとなると、履修を選択するのは勇気が必要かもしれません。ですが、ロシア語クラスは志を共にした人たちが集まっているので、仲間同士できっと乗り越えていけることでしょう。

リンク

ロシア語 - 講義紹介

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:16-01-17
担当:野上宏樹
*