海外大学院への留学という選択

1.留学の動機、留学後の苦労 | 2.アメリカの大学と日本の大学の違い


  読者の中には、大学卒業後、海外大学院に進学すること、または高校からそのまま海外の大学に入学することに興味を持っている方もいることだろう。

  前半では、東京大学工学部を卒業後、マサチューセッツ工科大学(MIT)に留学し、昨年、修士課程を修了、現在、同博士課程に在学中の小野雅裕さんに、留学の動機や留学後の苦労について、お話を伺った。

  後半では、東京大学経済学研究科修士課程を修了後、ハーバード大学に留学中の山本裕一さんも加わっていただき、アメリカの大学と日本の大学の違いについて、お話を伺った。

宇宙の道を志す

小野雅裕さん

  東大に入る前から、理学部物理学科か工学部航空宇宙工学科で、宇宙について勉強をしたいと考えていました。物理学や天文学は宇宙を見ることを学びますが、航空宇宙は宇宙に飛ばすモノを作ることに主眼を置いています。自分は、100億光年先のものを見るよりは、もうちょっと人間の活動レベルに近いところに興味があり、航空宇宙工学科に進みました。

  航空宇宙工学科では、空き缶人工衛星のCanSatで有名な中須賀真一先生の研究室に入りました。空き缶に人工衛星としての機能を詰め込んだものを作り、モデルロケットの先端に取り付けて、アメリカの砂漠から飛ばします。そこで得たマイコンのプログラムや基盤設計の技術は、のちのち役に立ちました。

  もともと、その研究室にすごく興味があって、大学2年生の終わりくらいから先生にお願いして、衛星プロジェクトに参加させてもらいましたね。本格的に取り組み始めたのは3年生の終わりくらいですが、連日、徹夜して、修行のような感じでした。

小野さんの留学動機

  僕が幼かった頃、父親が企業派遣でアリゾナ大学に留学して、その頃の話をよく聞かされていました。その影響で、いつか留学したいなと漠然と思っていましたが、大学に入ってから交換留学をするとか、就職してから企業派遣されるという選択肢もあるだろうとか、その程度にしか考えていませんでした。

  僕は旅行がすごく好きで、バックパックを背負って、気ままな旅を何度もしました。そのせいか、海外に行くことに対する抵抗感はあまりありませんでした。

  また、東大を出て、日本のエリートコースに乗るという規定コースに対する根拠のない嫌悪感のようなものを感じていて、どこかで抜け出してみたいという気持ちがありました。

  その3つの気持ちがあった中で、僕が大学の3年生のときに、4歳上の先輩でMITに長期留学していた方が、東大でプレゼンをしてくださったんですが、それを聞いて、目からうろこが落ちるような感覚がしました。すばらしい教授や学生が集まっているということもさることながら、何よりびっくりしたのは、学生が研究室のリサーチアシスタント(通称:RA)として働き、給料をもらいながら、勉強しているということです。インターネットなどで、海外の大学の学費が非常に高いことは知っていたのですが、その学費をカバーするRAなどの制度があることは知りませんでした。

  そのような刺激によって、今までたまっていたものに火がついて、ためしに応募してみようと思い、航空宇宙の分野で最先端の研究をできるMITとStanfordに応募しました。

  アメリカの大学の合格通知は、RAのオファー付きの合格、RAのオファーなしの合格、不合格の3通りがあります。私はどちらもRAのオファーなしの合格でした。他の奨学金も落ちていましたし、かなり迷ったのですが、このチャンスを逃したらもう二度とチャンスは来ないのではないかと思い、親に頼み込んでお金を工面してもらい、留学することにしました。1年以内に自分でお金を見つけるという約束をし、もしもだめだったら、東大に帰ってくるというつもりでした。

留学から現在まで

小野雅裕さん

  入学後は、いろいろな先生のもとに行き、RAの仕事を探しました。たいていはうまくいかないので、しつこく何度も話に行きました。結局、入学後数ヶ月経ったころに、RAの仕事をもらうことができました。

  短期の交換留学、語学留学といった形での留学は、経験にはなると思いますが、キャリアには繋がりにくいのが現状です。学位の取得を目的とした長期留学では、経験だけでなく、国際的なキャリアも開けます。

  私の進路についてですが、最近は、自分が航空宇宙を突き詰めていくのは、本当に世のため人のためになるのかということに悩んでいます。20兆円も使って火星に行ってどうするのか、宇宙が生み出す価値というのはどの程度あるのかということを考え始めました。博士課程の期間でその答えを出したいと思います。

  ちゃんと修士号も取れたし、留学したことについては、おおよそ満足しています。苦労は多いですが、そこから得られる体験は濃いと思いますよ。


1.留学の動機、留学後の苦労 | 2.アメリカの大学と日本の大学の違い


このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:08-02-06
担当:伊藤陽介
*