編集後記

季節

日本に「四季」なんてものは無い、あるのは夏と冬の「二季」だけだ、と言う人がいます。
考えてみれば、重要なのは暑いか寒いか(あるいは、暑いか暑くないか、寒いか寒くないか)であって、その真ん中に名前をつけて「四季」と並べるのはおかしいような気もします。

といっても「四季」という分け方は大雑把な方らしく、昔はそれをさらに細かく「二十四節気」「七十二候」と分けていたようです。二十四節気のうち四立(「立春」など)や二至二分(「夏至」や「秋分」など)、ほか「大寒」なんかは今でも見かけますね。
インターネットでちょろっと見ただけですが、二十四節気は太陰暦と実際の気候とのズレを直すために使われていて、太陰暦とこの二十四節気で太陰太陽暦を作ったのだそうです。純現代日本人の私は季節感と一致しないカレンダーが想像できませんが、太陰暦だけで生活するのってどういう感じなんでしょうね。

同じ一年に二、四、二十四の季節を感じる、どの感覚が最も優れていると言いたいわけではありませんが、廻る世界を細やかに解し、ひとつひとつに名前をつけた昔の人の感性には感服してしまいます。


さて、東大では今月から冬学期が始まりました。これは二季説的な名前の付け方ですね、東大は二学期制なので当然ですが。
でも、地面を銀杏が覆い、空に紅葉が揺れる本郷キャンパスを歩いていると、素直に「秋だなあ」と思うわけです。
ここで「霜降だなあ」とならないあたりがなんとも切ない現代人ですが、そういった色味の変化には少しでも敏感になりたいものです。

と、空調の効いた駒場図書館で秋の肌触りに思いを馳せつつ、これを書いている筆者も周りも咳と鼻水がとまりません。別に秋風は吹いてないのにな、なんて。
みなさんもお散歩の際は暖かい服装でお出かけください。素敵な季節が見つかるといいですね。

パーマリンク | 10月25日 13:56 by
平山いずみ

気節

昨日は台風が来て大雨が降ったと思ったら、今日は空気が澄んで十六夜の月が綺麗に見えるなど、身体に優しくない日々が続いています。
何を着ていくのかを考えないといけなかったり、折り畳み傘に荷物と自分がうまく収まるようにしなくてはならなかったり、精神面にも優しくないですね。




えーと、この路線で書いていくのは我ながら苦しいですね。
夏休み前半(8月)は旅行に行っていたのですが、後半(9月)は家に引きこもっております。
台風の何が精神的に優しくないって、近くに雷が落ちた時に、うちの電化製品、とりわけパソコンやハードディスクドライブなどのデータが飛ばないか心配しないといけないことですよ。
近くに雷が落ちだしたら電源コードを抜くとか対策するのが面倒くさいこと……

そんな僕ですが、先日強制的に家から出るイベントがありました。
それが、「学部ガイダンス」というやつです。

二年生の夏休みまでは十把一絡げに前期教養学部生だった私たちは、二年生の冬学期から(概ね)希望する学部に実質的に所属することになります。
細かい話はUT-Lifeの進学振り分け関係の記事を読んで下さい(笑)。
具体的に言うと、今までの理一などの分類が解体され、工学部法学部などに分かれるといったところです。

その新しい学部での授業や施設の説明会が学部ガイダンスというやつです。
冬学期の時間割を見てボーゼン。
4日間 * 5コマ = 20コマ
というなかなかにハードな時間割。
これには任意の授業もあるのですが、点数は研究室選びに絡んでくるので今から切り捨てていくのも難しいところ。
夏学期は1限0コマ2限2コマといった夜型仕様の時間割で、身体も夜型に出来上がっている僕には非常に辛い……
当面の所、一限含めて全て出席するのに全精力をつぎ込むことになりそうです。
自分で選んだ学部ですから、やる気は十分ですよ〜
実際にちゃんと起きて一限に出られたのかは、次回の編集後記をお待ちください(?)。

さて、学部ガイダンスにはもう一つの大きな意味があります。
それが、これから二年半を共に過ごす友人(予定)との顔合わせです。

僕は情報系の学部に進学するのですが、「the・パソコンに向かってそうな人」ばかりではないんですね。当然。というかそんなに多くない。
バスケットボールが似合いそうな人や飲み会が好きそうな人、そして女の子まで幅広くいるんですね!
今までの教養学部のクラスでも色々なヤツらがいましたが、同じ学部と言えどもこれだけ色があるのだから、これから話を聞いてみたいなあと。

と、一見するとバラバラのようですが、一つだけ共通点があることに気がついてしまいました。
それは、みなさんtwitterをやってらっしゃるということ。
ガイダンスの始めに、一人一言ずつ自己紹介をする恐怖のコーナーがありました。

名前と出身科類を言った後に、twiterアカウントを言う人の多さ。
そしてそれに答えるように、「あーあの人かー」とざわつくギャラリー。

現代社会は恐ろしいものです。
なんと学部に入って顔合わせをする前から、「顔合わせ」は始まっていたのですね。
僕はこれから彼らと切磋琢磨していくのだと思うと、震え上がってしまいます。
え、ええ。頑張りますとも。




……と、現代風(?)学部ガイダンスを紹介したところで終了ですかね。
進学振り分けについて思うところはあるのですが、それはまた学びの記事の方で。
それではまた元気にお会いしましょう......

パーマリンク | 10月04日 18:04 by
外山翔平

諸々の秋

 今回の編集後記の命を受けてから、書き出しをどうしようかと迷っていました。
 何故暑いの? 今が夏だから。
 何故夏なの? 今が暑いから。
 その迷いをこじらせて、危うくこんなトートロジーで誤魔化そうと思っていましたが折良く涼しくなってきましたね。
 ここ二日三日で途端過ごしやすい気温になってきました。珍しく秋分の日が大義名分を果たした形です。
 おかげさまで、夏よ疾く去れと願いを込めた……もとい、暑さに対する怨み辛みを込めた編集後記は埋もれ、新たに秋に思いを馳せることにいたしましょう。

「天高く馬肥ゆる秋」と申します。ほんとかよと思いますけどね。個人的には暑さにかまけて暴飲暴食を重ねる夏の方が太りそうな気もしますけど。ああ、お洒落な格言が見る影もなくなりました。
 さてこのように「食欲の秋」「芸術の秋」「行楽の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」……思いつく限りでもこんな定型句がありますね。取りあえず「〜の秋」って付けとけばそれっぽくなるのが日本語のスバラシイところ。そろそろ引きこもりを脱して秋の中に活動を再開せよとの思し召しかもしれません、家で僕にできるのはせいぜいが「読書の秋」くらいですから。

 読書で思い出しましたが、部屋の本棚が今、非常にまずい。
 大震災で棚板が抜け、百冊を超えた本に埋もれて帯が破れるなんてことを皮切りに、表紙の変なところで折り目は付くわ、文鎮が落ちて床がへこむわと散々でしたが……、去年の秋頃、本棚を買ったんです。結構大容量で、棚の中であろうことか平積みになっていた(普通に立てるよりも場所食わないんです)本を救出できたはず、だったんですが……まあ、「読書の夏」ですよね。

 泣く泣く漫画を売りに出し、それでも今後を考えて心配だったので、多少遊びのあった棚の間隔を詰めてみたんです。そうしたらなんとかスペースの問題は解消できました。が。

 棚板が足りない!! 本棚のメーカーに訊いてみたら棚板単体では販売していない!! 平積みが留まるところを知らない!!

 ……ということで近々、ホームセンターで棚板を作ってもらう予定です。容量の割に安いなあ、これは買うしかないだろーと思ってたんですが、成る程世の中うまいことばかりではありません。皆さんも、本棚を買う時は棚板のことも考えてあげてくださいね。

 読書シーズンも、いよいよ本番を迎えます。
 あっ勉強……。

パーマリンク | 09月23日 13:34 by
小西達也


ページ | 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98

カレンダー

 2012年9月 

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
09/23小西達也
諸々の秋
09/18池田拓也
夏も佳境

≫編集後記のトップに戻る
≫UT-Lifeのトップに戻る