編集後記

好奇心

本郷キャンパスの近くに引越してからもう4ヶ月が経ったそうです。なぜか生活全般をまとめて考えると駒場に比べて慣れにくいです……。しかし、本郷キャンパスそのものには駒場とは違う魅力を感じています。勉強のしやすさ、賑やかな本郷通りなどを最近楽しめています。

……時候の挨拶をしようとしたら、ついキャンパスについて語りそうになってしまいました。今年度の編集長を務めさせていただく伊藤です。個人的な今年度の抱負としては、先ほど書いたこととも関連しますが、大学生活において今までとは違うことを感じたら、それをUT-Lifeでの活動にも上手に応用したい、ということがあります。さらに、去年と違い特定のコンテンツを担当するだけではないので、すべてのコンテンツに注意を払えたら良いな、と思っています。

といっても普段考えるのは相変わらず、せっかく東大にいるんだから勉強に対する意欲を少しは保っておきたい、ということです。自分の場合、義務感により学ぶということには非常に強い抵抗があり、常に好奇心を持ち続けようとしています。大げさなものではなく、今やっていることに飽きなければ良い、といった程度のものです。

最近感じるのは、自分の好奇心の種類が変わってきたのかな、ということです。駒場時代は特定の分野や授業に集中して取り組みたい、でもどの分野が好きかわからないからとりあえずいろいろやりたい、というものでした。しかし本郷に進学した今では、むしろいろいろな分野をやることこそが好きなんだ、と感じています。

駒場で主に教養教育、本郷で主に専門教育が行われていることを踏まえると、これはかなり逆説的です。そこで、自分がこのような好奇心を持つ理由を振り返ってみます。

駒場で特定の分野への集中に憧れたのは、自分の不器用さを意識していたからだと思います。自分の友人には器用な人が多く、勉強に限らず様々なことを同時にこなせてしまいます。それに比べて自分はただただそのような生活をうらやましく思うだけでした。
本郷で様々な分野の両立に憧れたのは、分野間のつながりを感じるようになったからだと思います。例えば、定量的な政治分析に関する授業を受けていると、その合理性の背後の政治アクターの意識が気になります。一方で、比較政治に関する授業を受けていると、今度はむしろ国ごとの違いの背後にある合理的な要因が気になります。このように、専門教育だからこそ、他分野とのつながりが感じられるのです。

まとめると、結局自分は駒場と本郷の中間のようなものを求めているのではないか、と気づきました。しかし、だからこそ駒場も本郷もそれなりに楽しめているのかな、と捉えなおすこともできます。

冒頭で書いたのとはまた違った形で、キャンパスの移動のある東大での生活を見直してみました。UT-Lifeではせっかく駒場でも本郷でも活動があるので、今年もその機会を活かしたいです!

パーマリンク | 06月15日 02:15 by
伊藤重賢

どこへ

気付けば世間はゴールデンウィーク。年度が変わって早くも1ヶ月が経ちました。
私も3年となり、理学部に進学しました。大量の課題に追われて大型連休なんてどこ吹く風……
と言いたいところですが、しっかりとゴールデンウィークを満喫してしまいました。課題はぜんぜん減っていません。


さて、毎年のことですが、この編集後記、年度初めは代表挨拶からということになっているようで、もう5月になってしまったのに今さらというのは大変お恥ずかしい限りですが、これにてご挨拶とさせていただきます。
今年度の代表は、私鈴木が努めさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。


思えば、入学して、そしてUT-Lifeに入ってもう2年。我ながら成長したなあと思うことが多いです。
例えば文章を書く技術。UT-Lifeに入ったことである程度は身についたと思います。
分かりやすい文章にするための表現力や心がけ。また、3点リーダ「…」は必ず2つ並べて「……」のように使う、といったような細かな注意点。
そういうことにいちいち気を付けなくても言いたいことは伝わるのですが、やはり文章の“質”に違いが出ると感じます。
そもそも文章の質というものが必ずしもこういう形式的な作法を守っているかどうかによってのみ評価されるべきかというのは、自分で書いておきながら疑問符が付くところではありますが、今までUT-Lifeはある程度こういうところにも目を向けてきましたし、これからもそうありたいと思っています。

そういえば、昔の記事を見ると、今よりも少し砕けた文体の記事があります。個人的にはそういう書き方のほうが、今の比較的かっちりとした文体より好みです。
しかしこれは先ほど述べたばかりの、UT-Life的観点による文章の“質”の話とは矛盾しません。多少砕けた書き方であっても、質の高い文章というのは読みやすいものです。
そういった考えの一端は、自分が執筆した記事に現れています。例えば、東大いろはの「お昼ごはんはどこで食べるの?」の記事。中身はそんなに砕けた感じがしないですが、そのタイトルにちょっとふわふわした感じが現れています。

このような執筆者の個性というのは、案外各記事に現れています。UT-Lifeの記事は、執筆者が書いた後に他のスタッフによるチェックが入るのでおかしな内容が掲載されることは無いですが、文の端々に顔を覗かせる執筆者の個性は、表現が分かりづらいといった問題がない限り、基本的にはそのまま残ります。インタビュー記事の場合はそれは執筆者ではなくインタビュイーの個性となりますが。
UT-Lifeでは、各記事の執筆者がページの左下のほうに表示されています。普段、我々スタッフが表に出ることはこの編集後記くらいでしか無いですが、この機会に各スタッフ
を比べてみるというのもUT-Lifeのひとつの楽しみ方かもしれません。


UT-Lifeは今11年目。先ほどの文体の話のように、今まで少しずつ変わってきましたし、これからも変わっていくでしょう。
自分の代でUT-Lifeがどう変わるのか。そしてその先は。UT-Lifeはこれからどこへ向かうのか。

今からそれが楽しみでなりません。

パーマリンク | 05月05日 19:10 by
鈴木僚太

今年もよろしくお願いいたします!

いよいよ2015年が始まりました。今年もUT-Lifeをよろしくお願いいたします。
そして、何か新しいことに挑戦したいと思っている東大生の方、ぜひいっしょに活動しましょう! いつでも大歓迎です!

センター試験まであと一週間となり、受験生のみなさんは緊張していらっしゃるかもしれません。そんなときはイメージトレーニングがおすすめです。朝起きて、家を出て、会場について、試験を受ける……。うまくいくイメージを持っておくのも大事ですし、わからない問題があったときの対処もイメージしておけばあわてないで済みます。これは個人的なおすすめですが、今後UT-Lifeでは東大を受験される方向けに受験生応援企画を打ち出していきますのでぜひご活用ください!

さて、ここからは高校1、2年生の方向けのお話になるかもしれません。昨年の暮れに東大の駒場キャンパスで「女子高校生のための東京大学説明会」が開催されました。このイベントは東京大学男女共同参画室が開催しているもので、教授による講演会や卒業生によるパネルディスカッションなどの内容がもりだくさんで、東大で学ぶことについて理解を深められると思います。
(2014年度のご案内http://kyodo-sankaku.u-tokyo.ac.jp/activities/shingakusokushin/Guidance2014.html)私はその中の個別相談ブースで現役の学生として相談員をさせていただきました。UT-Lifeのつながりで1年生のときから参加させていただき、今年で3回目でした。私が東大を受験することを決心したのも、このイベントの個別相談ブースで東大生の方とお話しして、東大って楽しそうだなと思ったのがきっかけだったので、こうして毎年東大を目指すか迷っていたり、東大についてもっと知りたいとキャンパスを訪れてくださる生徒さんとお話しできるのは幸せなことです。

東大を目指そうか迷っている方、もっと東大を知りたい方、ぜひこのようなイベントに足を運んでみてくださいね!高校生のみなさんとお話しすると、高校生には自分が高校生のときには感じなかったほど可能性があるのだなと思いますし、私も初心に帰ってがんばろうと思いを新たにすることができます。次の機会にお会いできるのを楽しみにしています。

では最後に、女子高校生のみなさんへ、(自分に言い聞かせる意味も込めて)
Girls, be ambitious!

パーマリンク | 01月11日 19:57 by
島田佳織


ページ | 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98

カレンダー

 2015年1月 

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
01/11島田佳織
今年もよろしくお願いいたします!

≫編集後記のトップに戻る
≫UT-Lifeのトップに戻る