編集後記

まつりのおわり

私は、「青春を傍から懐古的に鑑賞する」のが大好きです。

青春を感じるイベントといえば、そう、先日行われた駒場祭を始めとする学園祭。なかでも学園祭の最終日というのは、企画の「しめくくり」というセンチメンタルさも相まってなお一層しみじみひしひしと青春を感じられるというわけです。

いやいや、懐古も何もあなただって学生なんだからまだ青春のまっただ中にいるでしょうと思われる方もいるかもしれませんが、どうにも感傷的なものの見方が私には根付いているようで、自分を主人公に置いて考えることはできないのです(笑)。

それはともかく、そんなおセンチな青春を感じたい私は、今年の駒場祭のフィナーレ取材の担当に自分から率先して半ば強引になり、しみじみさに浸りつつフィナーレに行ってきました。

うん。

去年の五月祭・駒場祭、今年の五月祭もフィナーレ取材は私がスタッフの皆の希望に聞く耳を持たず行ってきたわけで、合計4回のフィナーレ取材を担当したことになりました。

はい。

どのフィナーレも感動的で素晴らしいものでした。
が、個人的には、「日が暮れる」という、先程から言っているしみじみ感を増幅させる要素が駒場祭では強いぶん、駒場祭のフィナーレのほうが私は好きだなぁと思ってたりもしています。もちろん五月祭のフィナーレも好きですよ、言うまでもないですが。

ただ今年の駒場祭のフィナーレは15時開始ということで、夕暮れ感はないなぁと1人しょんぼりしてしまってました。駒場は翌日午前から授業(なのかな?)ということでこのような構成になったのかもしれないですねぇ……。

駒場祭委員会さん、来年はまた17時開始のフィナーレにしませんか……?(´・ω・`)
五月祭委員会さん、来年はもう少し遅くからフィナーレやりませんか……?(´・ω・`)

という、私の密かな願いでしたとさ。

パーマリンク | 11月26日 18:00 by
川口倖左

免許合宿にて

お久しぶりです。
私9月16日〜29日で鳥取で免許合宿しておりました。無事免許を最終的に取る資格は得ることができました。
具体的には免許の技能試験だけ合宿で受かり、学科試験は住民票記載の県内で受けなければいけないという感じです。
自動車の運転自体は簡単ですが、交通ルールに従って走行させるのが意外と難しいです。路上で運転し始めて気づいたのが標識が大変多いこと。普段目に留めなかったものがいきなり飛び込んでくる感じは新鮮です。
免許合宿だけなのかもしれないですが、合宿中担当教官という最も多く教習を教えてくださる教官が1人ずつ割り当てられます。
私の担当教官Tさんは強烈に面白い方でした。運転中、あらゆる冗談を織り交ぜてくるので答えるのがなかなか大変ではありましたが。
しかし最後の教習で私が路上を運転しているとき、Tさんが不意に「どうして私が自動車学校に就職したと思う?」と聞いてきました。私は練習で普段通り余裕のない中「自動車の運転を教えたかったからですか?」とか「車が好きだからですか?」とか答えましたが違いました。
Tさんは「私が自動車学校を選んだのはどんなに運転が上手い人も自動車学校でその運転の基礎を築くから。自動車学校はそういう意味で、運転の頂点に位置しているのですよ」と仰いました。
「あなたも東京大学ですよね。東京大学は学力の最高学府ですが、私も自動車では1番だと誇りに思っています。しかし何事もそこに入ってからが大事なんです。あなたも頑張ってね」
そのときのTさんの笑顔が印象的でした。

パーマリンク | 10月02日 11:32 by
門谷拓磨

高校生のみなさんへ&所信表明

 1年生理系の方は期末試験の真っ只中、夏休みに入り静かだった駒場に少しの間ですが再び賑わいが戻っています。みなさん初めまして、文科一類1年の望月洋樹(もちづきひろき)と申します。いわゆる”後期文転”した者で、3月の後期試験で合格するまでは理系でした。

 さて、8月の「東京大学オープンキャンパス2014」においては、「サークル・運動部紹介コーナー」で高校生の方々とフリートークをさせて頂きました。(来場してくださったみなさん、ありがとうございました!)受験勉強をどう乗り越えていくか、大学生の生活はどういうものなのか、あるいは自分の将来をどうしていくのか、そんなことをイメージし考える"ヒント"を少しでも高校生の方々に与えることが出来たのなら幸いです。
 トーク中はたくさんの相談を受けましたが、進路について迷っているという高校生もたくさんいました。「どの学部学科に行けばいいのか分からない」「もうすぐ学校で文理選択があるけれど、どっちに行こうか迷っている」「将来やりたいことがない」悩みは人それぞれでした。

 「自分の(一番)やりたいことが分かる」っていうのは実はとても難しいことなんじゃないかな、と私は思っています。自分も高校生の頃はそんな感じで、今でも将来については未定の部分が多いです。
 そういう理由もあって、私はいま文科一類の学生ですが、法学や政治学のほかに心理学や数学、さらには物理の授業まで受けています。10月からは経済学の授業も受けてみようかなと考えているところです。今は色々なことを勉強して、「自分の一番やりたいこと」を探している最中です。

 科類にとらわれず様々な分野の授業を受けられる、その自由が大きいのは東大の特色です。また、東大には進学振り分けという制度もあります。これらは「大学生になってやりたいことが変わった!見つかった!」という学生の助けになるかもしれません。だから将来について悩んでいる高校生こそ、ぜひ東大を目指して頑張ってほしいと思います。皆さんがそう思えるような記事を書けるように、私も精一杯頑張ります!

 これからどうぞよろしくお願いします。

パーマリンク | 09月02日 22:41 by
望月洋樹


ページ | 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98

カレンダー

 2014年9月 

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
09/02望月洋樹
高校生のみなさんへ&所信表明

≫編集後記のトップに戻る
≫UT-Lifeのトップに戻る