編集後記

近所に猫がいます。

とある家の前でたまに見かけます。

名前を知らないのでとりあえず「おーい、ねこー」と呼んでみると寄ってきます。

首輪を着けているので飼い猫のようです。飼い猫なので人に慣れているのでしょう。

とはいえ、初対面の猫がいきなり寄ってきてくれるわけではありません。見知らぬ猫にいきなり近づいてもすぐに逃げられてしまいます。

そういうときは、猫と微妙な距離を保ってしゃがんで視線を合わせ、「ねこかわいー」などと独り言を呟きながら猫を見つめます。

さらに、逃げられない程度に手をさしのべて様子を見ます。包丁を使う時の手の形を「猫の手」といいますが、その形を横向きに作って手を出してやると、懐いている猫ならそこに頭を擦りつけてきます。

辛抱強く続けつつ、ちょっとずつにじり寄っていくと、向こうから寄ってきたり、こちらから触ることができたりします。

ここまでいけば、猫の頭や体を撫でるなどしても逃げられません。慣れてくると目の前で寝転がってくれます。これに成功したら、満足して帰ります。



さて、東大にも猫は多く生息しているそうです。自分も、駒場キャンパスで数回猫を見たことがあります。

駒場キャンパスの猫は人の多いところに住んでいるためか警戒心が強く、手をさしのべられるほど近づく前に逃げられてしまいます。

さらに、人通りも多いのでぶつぶつと独り言を言うわけにもいかなくて、まだ触ることに成功していません。

一方、本郷キャンパスにも猫はいます。以前、夜に医学部本館の前で猫に会いました。

夜なので人通りが少なかったせいか、1メートルくらいの距離まで近づいても逃げませんでした。

上に書いた方法で10分くらい猫に近づこうとしていたのですが、さすがに警戒心が強く、触らせてくれる様子を見せません。

そうこうしている時、急に近くを自転車が通りました。

猫は相当驚いたらしく、そのとき近くにいた自分に対しては警戒心を解いてしまったようで、近くに寝転がって触らせてくれました。

しかし、他に人が近くを通りかかると起き上がって警戒する様子を見せるのです。

なんという優越感。

大いに満足した自分は、しばらく猫を触ったり写真を撮ったりした後に帰りました。

パーマリンク | 08月10日 12:59 by
鈴木僚太

具体的なトピックはありません

つい最近まで梅雨だったはずなのに、数日連続で最高気温が30度を超えています。
そのような季節に突入する最初の夜だったでしょうか、僕は今学期にしてはとても早く起きました。
……と言っても、午前6時なので、去年の夏学期と比べたらそこまで早くありません。最近は1限に授業のない平日には午前9時、休日には12時に起きることも珍しくなくなってしまいましたから。しかも、寝るときに自分でそのことを意識していることは珍しく、電気をつけたまま横になり、気づいたら次の日の昼になっている、ということもあります。
とにかく早く起きて、暑いのですぐに飲み物を飲みました。しかしそれでも頭がぼーっとしているので普段通り電気をつける気にもならず(たまたまその日はちゃんと電気を消して寝ていました)、自分の使っているSNSのタイムラインを遡る気にもなりませんでした。それどころか、カーテンを開けようとも思いませんでした。そして、何もすることが浮かばないまま、とりあえず座りました。
すると、目の前には心の落ち着く光景が広がっていました。基本的に薄暗いのですが、カーテン越しに朝日が差し込んでほんのり明るいのです。下宿先の壁が白いのもあり、少し明るい気持ちにさえなりました。
やっぱり朝の雰囲気っていいな、と思いました。高校生まで、早い登校時間に備えて急いで起きていた時の雰囲気を懐かしく感じました。体内時計の周期がリセットされる感覚、長い一日が目の前に存在していることの実感、自然の体感、……、さまざまに言い表せる雰囲気を久々に味わえました。
しばらくじっとそれを味わって、
結局二度寝してしまいました。
その日もなんとか、迫っていた繰り上げ試験の勉強くらいはできましたが。
たまには、こういう日があってもいいですね。

パーマリンク | 07月18日 23:20 by
伊藤重賢

旅行計画中!

梅雨といいつつも夕立がひどくて真夏のようです。
ということでこんばんは。
今年度も引き続き東大ガイドを担当します立花です。
お久しぶりです。

まもなく7月になるということで、夏休みの予定を立て始める頃になってきました。
UT-Lifeに関するところでは、今年度の庶務ということで夏合宿の企画を立てているところです。先日のミーティングで行先を募ってみたところ、たくさんの案が出てきました。所要時間や予算の都合などで絞っていきましたが、個人的に行ってみたいところもあったので旅に出たくなってしまいました。
これからは日程調査をしつつ行先を決めて交通機関や宿の予約を取っていくということになります。
今回も楽しく充実した合宿になるようにしていきたいと思います。

ここで私個人のことになると、来年からは研究室に配属されるので今年の夏休みが実質最後の夏休みといえます。
昨年までと同じように旅行や帰省、合間にアルバイトをして過ごすのでいいのか、他にできることもあるのではないかと思いつつ、でもインターンシップは気乗りがせずということで旅行の計画ばかり練っています。

いつ、どこに、どれくらいの予算で、どうやって行くか、何を見聞きしたいか、何を食べたいか、どの宿に泊まるか……などと計画している時が旅行の中でも一番楽しいのかなと最近では思うようになりました。
高速バスやLCCを上手く使えばかつてに比べて安く様々なところに行けるようになりましたが、その分選択肢も増え悩ましいところですが工夫のし甲斐もあります。

そんなこんなと夏休みの到来を楽しみにしている訳ですが、その前にそろそろ期末試験が迫ってきている頃です。
心置きなく夏休みを楽しめるよう試験勉強も頑張りたいものです。
それではまた。

パーマリンク | 06月29日 21:59 by
立花悠斗


ページ | 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98

カレンダー

 2014年6月 

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
06/29立花悠斗
旅行計画中!
06/10久保京子
コロッケを作らなかった話。

≫編集後記のトップに戻る
≫UT-Lifeのトップに戻る