編集後記

年末に、雪の中で

こんにちは。自分が編集後記に登場するのは2回目です。前回は約4ヶ月前、9月2日にあります。
自分はまだ1回しかないですが、過去に自分が書いたことを見返してみると当時の自分の考えていたことが分かり、自分があれから成長したのかどうか、何が変わったのかということを知る手がかりになります。
当時は、東京と実家のどちらが現実なのかについて悩んでいたようですね。

実は自分は今、実家にいます。さすがに大学生活の1年目から、一人暮らしのアパートで一人寂しく年越しをする勇気はなかったのです。
実家のある地域は寒く、東大が駒場祭で盛り上がっている頃にはもう雪が降っています。
東京は雪などめったに降らないでしょうから、冬になると東京と実家の違いがますます際立ってきます。

ですから、積もった雪の上を歩いたり吹雪の中外出したりすると、実家に帰ってきたという実感がわきます。
そうなると、年末ということも相まってか、恐ろしいほどにやる気が出ないのです。

まるで夢から醒めるときのけだるさのように。


ちなみに、9月から自分のどこが成長したか考えてみたのですが、山手線の大きな駅の位置関係など東京の大まかな地理感覚を身につけたくらいしか思いつきませんでした。

さて、そんな年末ですが、今年を振り返るとどうしても、色々なことがあったというありきたりな感想を述べずにはいられません。なんでも、センター試験があと3週間くらいまで迫ってきているとか。思えば自分も今年の1月にセンター試験を受けて、さらに二次試験も受けて東大に入ったのでした。どこかの予備校が1月1日に模試を行うというチラシを見て、「なんだこいつらアホか」と思った記憶があります。
4月に大学に入学して、あっという間に9ヶ月近く経ってしまった。
受験という大きな壁を乗り越えたはずが、実は今自分は結構忙しく、やることに追われています。さらに1月末から期末試験が始まるとあっては、なかなか気の休まる暇がありません。
今が特に忙しいからそう感じるのかもしれませんが、本当に、あっという間の1年間でした。年をとるほど一年が短くなるとはよく言いますが、そう考えると自分もずいぶん年をとったものです。

案外、大学生というのは年寄りです。思えば自分は高校生のときですら、気がついたら高校卒業が目前になっていて、ああ年とったなあと思うことがありました。そう思うには理由があって、例えばプログラミングコンテストとか、高校生までしか参加できないような催し物があるのです。そういうものに参加できるというのはある種高校生に与えられた特権で、大学生・社会人になると失ってしまうものです。そういう意味で高校生は特別な地位にいると、当時思っていました。
今でもそう思っていますが、いざ大学生になってみると、大学生でもそれはそれで十分特別な地位にいると感じるようになりました。例えば東大の図書館で本を借りたりできるのは東大生(や教職員など)の特権でしょう。コンテストの例にしても、目を向けてみれば大学生向けのコンテストもあります。
ただ、大学生になると、高校のときにあったある種の無邪気さのようなものが薄れてきた気がします。東大生だからなのかもしれませんが、一見適当なように見えても周りはみんなやるべきことはしっかりとやっています。他にも挨拶に「お疲れ」「お疲れ様でした」が増えたのはステレオタイプの大学生像と合致していますね。

だらだらと中身の無いことを書いてきましたが、要するに年末に自分の1年を振り返ってみたということです。

高校生の皆さんには、皆さんの多くが大学進学を目指しているのではないかと思いますが、高校とは違ってなかなかいいところですよ、ということを伝えたいと思います。

これが今年最後の編集後記になります。

もう今年もあと2日となりました。今年のうちにUT-Lifeをチェックして編集後記まで見て下さる方がどれだけ居るかは分かりませんが、そんな方々に向けて、やはりこの一言で今年のUT-Lifeを締めくくりたいと思います。実はこの編集後記が2013年の最後の更新となっています。


それでは皆さん、よいお年を。

パーマリンク | 12月30日 00:06 by
鈴木僚太

大学の日常から一種の自由を感じた

メリークリスマス!書いている時点では。編集後記の更新が約1ヶ月遅くなってしまって申し訳ありません。
さて裏を返せば、駒場祭が終わってからも、すでに約1ヶ月が経った、ということです。あれだけ大きなイベントが終わった後は、大学は閑散としてしまうのかな、なんて思い込んでいました。しかし実際にはそんなことはなかったのかな、と今年の最終授業日を終えて感じました。語学の小テストの前に熱心に勉強をする人、ここぞとばかりに読書に励む人、サークルの大会で賞を取る人、新しいサークルを作る人、……友人をぱっと見まわすだけでも、様々なことをしていました。
僕も一生懸命でありたい……と思いながらも、ついだらけてしまっていました。更新の遅れもそのせいです。もう少し自律が必要なのかな、と思います。
もっとも、自分の目標まで律してしまったらつまらないな、と勝手に考えています。本当に、とにかく本能的に楽しそう、面白そうだと感じることをなんとなく目標に定めたいし、今までも私はそうしてこようとしてきたはずです。そもそも、UT-Lifeに入ろうと思ったのも確固たる理由があったわけではないのですから。それでも今こうして活動できていることには、とても感謝しています。
しかし、目標に向かうプロセスは理性的に定めなければならない、と考えています。そうしないといとも簡単に誘惑、僕の場合は睡魔、に負けてしまう、と最近実感しています……。
一連の反省は、「積極的自由」に関する議論がモデルです。冬学期の政治と社会の両講義で扱われていました。おそらく両分野の共通範囲に属するのでしょう。ここでの学術上の問題は、政府が自由論を悪用して全体主義的支配の根拠にすること、だったはずですが(間違えていたとしたら申し訳ありません)、自分の近況に思いを馳せずにはいられませんでした。
さらに補足になりますが、ある友人は、上述した授業の議論について、人間が成長するためにはその人間が変わらなければならず、それゆえ確固たる自己を仮定しない方がよいのでは、と倫理学的観点に基づいて反応していた気がします。そのように考えると、僕は自分が変化する、ということを見落としがちなのかもしれません。僕の場合、浪人時代にすっかり暗くなってしまった、高校3年生のときのスタンスのままで大学に入学できたとしたらよかったのに……と思うことがしばしばあるのですが、自分が変化しているという事実に注目できれば、今の自分の昔より良くなった点にもう少し気づけるのかもしれません。
1ヶ月遅れた分、内容を濃いものにしなければいけないな、と思って、つい冗長に書いてしまいましたが、要は、自律できている人が多くて良い意味で刺激的だな、ということを自分なりに感じたのです。
最後にもう一度言います。
メリークリスマス!

パーマリンク | 12月25日 22:58 by
伊藤重賢

こたつを出そうか

最近一気に冷え込んできてこたつが恋しい季節になりました。私もそろそろこたつを出そうかと考えているところです。しかし昨年こたつを出したところ、晩ご飯を食べたらそのままこたつで寝てしまい、起きたら体のあちこちが痛くなってしまうということがしばしばありました。このままでは体調を崩すかもしれないとは思いつつも何度もやってしまったので、今年は気をつけたいと思っています。

私は幸いにも一人暮らしを始めてから、外出ができなくなる程に体調を崩したり大きな怪我をしたりということはありませんが、一人暮らしで寝込むことになると世話をしてくれる人がいないので大変なことになるので「身体が資本」という言葉を噛みしめるばかりです。

そんなこんなでまもなく本格的な冬が到来してくるところで、日が落ちるのが早いのもあり家に引きこもりがちですが、家と学校の往復だけでは得られないなにかを探しに意識的に出かけるようにしたいです。今週末は駒場祭があるので面白そうな企画を覗いてみるのがいいのでしょうか。駒場祭が終わってからも休日を利用して、テストとレポートで忙しくなる前に大学生らしい文化的なことをしてみたいです。東大の学生証があると美術館や博物館の入館料が割り引かれるそうなので、学生のうちに行ってみたいです。

読者の皆さまもこれからの季節、体調を崩さないようにお気をつけてください。ではまたの機会に。

パーマリンク | 11月19日 23:57 by
立花悠斗


ページ | 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98

カレンダー

 2013年11月 

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
11/19立花悠斗
こたつを出そうか
11/10島田佳織
キッチンの流しからの想像力
11/04久保京子
読んでない本の読書感想文を……

≫編集後記のトップに戻る
≫UT-Lifeのトップに戻る