編集後記

キッチンの流しからの想像力

 キッチンの流しに何かを流すとき、その排水はどのように川へ帰っていくのでしょうか? 今までも考えるようにしていましたが、都市工学科での授業が始まってからさらに考えるようになりました。

 洗い物をしているときは、石油系の洗剤を使っているけれど川を汚さないかな、この鍋についていた油分は下水道管にたまらないかな、などと考え、汁物が残ったときは、微生物はこの残り汁の栄養分を分解しきれるかな…、紙や布に吸い込ませて捨てた方が水環境にはいいのだろうけれど、ゴミは増えるし、ゴミに含まれる水分が多いと燃焼に余計にエネルギーを使うと聞いたことがあるし、どうしたらいいんだろう……あっ、乾かす?! いや、どこで? においとスペースが問題だ……と考え込んでしまいます。
 
 残さない、食べきる、飲みきる、食べきれる量だけ用意するというのが基本なのですが、余ってしまった場合はどうすればいいのか難しいところです。使用後の油は、流すという選択肢はありえませんし、最近では自治体等で回収しているところも多くなってきました。しかし、鍋や煮物など残り汁は、昔は畑の肥料に帰っていく仕組みがあったのに、今では行き場をなくしてしまいました。

 現代の都市に生きる私たちは、便利に暮らしているつもりですが、この大量消費の生活は環境負荷が大きいだけでなく、どこかで私たちの心にも負荷がかかっているのではないでしょうか。汚れた水を流すとき、プラスチックを捨てるとき、大量のゴミを目の前にするとき、私たちは多少なりとも「これでいいのだろうか? 」という気持ちになっていると思うのです。せめてその感覚は忘れないでいたいものです。自分の行動が環境を壊さないサイクルの一部であるような生活は、もっと心地よいものだと思います。私たちが使う水も流す水もめぐっているのに、都市で暮らしているとそのめぐりが見えにくくなってしまいます。
 
 ちなみに私がこのようなめぐりに興味を持ったのは、今思えば東大の地理の過去問の窒素循環に関する問題がきっかけだったのかもしれません。文系で地歴2科目が受験に必要なことはめずらしく、負担は大きいですが、1科目だけを勉強するよりも視野が広がると思います。私は2科目勉強してよかったと思っています。

 それはともかく、飲み水の水質や食べ物の安全性は気にするのに、自分が生活していて排出するものには無頓着でいるなんて無責任だなと思うこのごろです。排出するものの行方を考える想像力
を、いつも働かせるようにしたいものです。

パーマリンク | 11月10日 21:52 by
島田佳織

読んでない本の読書感想文を……

 今年、2013年は1960年代から70年代に歌人、詩人、作家、映画監督としてマルチに活躍した文化人である寺山修司の没後30年にあたります。関連書籍の出版やイベントなどがあったことをご存じな方も多いでしょう。私は高校生の頃、寺山のエッセイや詩・短歌などをよく読んでいました。小学校、中学校、高校の授業で強制的に暗記させられた以外で短歌や俳句を覚えたのは寺山の作品でした。最近は忙しさに寺山を読んでいた頃のことを忘れかけていましたが、先日、生前に寺山と親交のあった美輪明宏を題材にしたドキュメンタリー映画『美輪明宏ドキュメンタリー〜黒蜥蜴を探して』の中で、寺山の作品が出てきたのを見たら著作などを読みなおしたくなりました。私の中で寺山ブームが再燃しそうです。

 寺山はアフォリズムも有名です。例えば高校生のときに出会った「どんな鳥だって想像力より高く飛ぶことはできないだろう」という言葉は私の心に今でも響きます。空間的にも時間的にも限られた存在である人間の持つ無限性を感じずにはいられません。寺山の珠玉の言葉の数々の中で私が最も好きなものは≪読んでいない本の読書感想文を書いてはいけない≫です。この言葉が載っている書籍は残念ながら手元にないので完全な引用ではなく私の記憶なのですが、高校生向けの雑誌の読者とのやり取りの中で出てきた言葉でした(やり取りをまとめた書籍を読んだのです)。

 もちろん言葉通りの意味であります。「読んでいない本の読書感想文を書いてはいけない」。例えば、あらすじをなんとなく知っているだけの本の書評をしてはいけないということです。拡大解釈するならば、知ったかぶりはいけませんということです。この言葉を知ってから、私はそのことを気をつけるようにしています(逆にいえば、一冊でも本を読んでいて、それについて熱く語ることはすばらしいことだと私は思います)。

 なぜ読んでいない本の読書感想文を書いてはいけないかということについて、寺山は言及していませんでしたが、それは自分の言葉では無く、借り物の言葉でしかないからではないかと思います。何の説得力も無いうわべだけの言葉。自分を賢く、強く見せたいと願ってだけの言葉。とりあえず、無難でこぎれいで、それゆえに読んだ者の時間は浪費するのに人生を1ミリも動かさない。逆に、読んでいない本の読書感想文を真に受けてしまったとき、人生と尊厳が損なわれ、うわべだけの人間になってしまったような気がする……。

 私の「想像力」は言葉の枠を超えて寺山のアフォリズムを解釈しはじめます。観てない映画、読んでない漫画、鑑賞していない絵画などについて知ったかぶっていけないのはもちろんのこと……

話をしたことも無い人の悪口を言っていなかったか?
漠然とあたりまえとして通っている「常識」を根拠に安易に何かを否定していたなかったか?
根拠のない適当な噂を真に受けていないか?
締め切りに間に合わせるために無難な言葉で薄っぺらなレポートを書いていなかったか?(ぎゃー!)
テレビに出ていないというだけである芸能人を「過去の人」にしてしまっていないか?
などなどなど……。

 30年前とは異なり、私たちは情報をいくらでもアウトプットできるようになりました。たとえ匿名であっても、仲間うち限定のものであったとしても、最終的にデータを消去したとしても、何か表現してしまったら、表現しなかった過去には戻れない。はたしてそれが読んでない本の感想文か読んだ本の感想文か。

 あなたは、どうですか? 読んでいない本の感想文を書いてはいませんか? 実際のところ、私はちょいちょいやっては自己嫌悪に陥りますが……。

パーマリンク | 11月04日 23:04 by
久保京子

緩さとキツさ

冬学期が始まって早くも約1ヶ月、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
2年生の冬学期は、進振りで内定した学部によっては本郷で授業が行われることがあります。中にはもう毎日本郷で、駒場では授業が行われないという学部もあります。かくいう私の学科も授業が本郷のみになって、駒場へ行く機会がこのUT-Lifeのミーティングのみとなりました。1年半過ごしたこともあり、駒場キャンパスに行くたびになんとなくセンチメンタルな気分になってしまっています。

さて、先日UT-Lifeでは「東大生のしおり」を作成し、お昼休みの食堂前で配布していました。多くの方に受け取っていただけて、スタッフ一同感謝の思いでいっぱいです。

「東大生のしおり」の裏話は今はひとまず置いておいて(もしかしたら来週の編集後記で出てくるかも……?)、今日は記事を書くとき、内容以外で最近思うことをつらつら書いてみたいと思います。

「東大生のしおり」もそうなのですが、今ご覧のWebの記事にも、もちろん作成時には締切があります。記事執筆の締切、校正の締切、2回めの校正の締切、スタッフ内最終確認の締切と、大まかにはこんな感じで幾つか設けられています。
締切は、記事(例えば、追分寮ガイド、とか)の属するコンテンツのコンテンツ担当者(例えば東大いろは担当、とか)が、執筆者のスケジュールを考慮しある程度ゆとりを持って設定します。しかし、時期によっては何本も記事を抱えることがあり、ゆとりあるスケジュールを組んだはずでも、締切に間に合わないことがあるのです。

締切に縛られずのんびり楽しくやりたいねぇ、締切超過でチクっと言われたくないねぇ、というのは私を含めスタッフ全員が思っていること(たぶん)ですが、なかなかそうも言ってられないのが現実です。だって多分締め切り無かったら記事1本作るのに半年とかかけちゃうよ私。

ここのところ時期的に一人あたりの記事執筆量が多くなって、どーにもこーにも締切に追われてる感が以前よりも一層強くなってる気がします(もしかして私だけか……??)。私も文章書くのは好きなんですけど、毎週毎週軽くないタスクがあるとちょっと声を大にして言いたくなります。

「ふえぇ……。」

まぁ楽しいからやってられるんですけどね、サークルの雰囲気とか好きだし。
あ、一応言っておきますけど、さっきから締切締切言ってるほどUT-Lifeはそんなガチガチサークルじゃないですよ、念のため。

そんなことをほわーっと思いながら、私も締切超過の記事を書いてきます(苦笑)。

パーマリンク | 10月27日 14:40 by
川口倖左


ページ | 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98

カレンダー

 2013年10月 

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
10/27川口倖左
緩さとキツさ
10/20門谷拓磨
面白くなき世は自分のせい
10/15廣瀬翔太
現実逃避

≫編集後記のトップに戻る
≫UT-Lifeのトップに戻る