編集後記

東大ラクロス部、決勝で惜敗

 12月18日、江戸川区陸上競技場で行われた第16回ラクロス全日本選手権大会決勝戦。これに勝てば念願の日本一という試合です。決勝に駒を進めたのは、学生関東1位を達成した東大と、クラブチーム1位を達成したDESAFIO。80分間の死闘の末、東大は5−8で惜しくも敗れてしまいました。

 日本一の夢は叶わなかったものの、関東を制覇し、あと1勝で日本一というところまで勝ち進んだラクロス部。多くの人に感動を与えてくれました。選手の皆さん、1年間お疲れ様でした。また来年も見に行きます!

 

 

 

パーマリンク | 12月20日 13:02 by
大道亮

じゅーたん

季節が感じられるキャンパスっていいな。
と、こんな時期になると思います。

駒場はちょうど駒場祭が銀杏のピークですよね。
本郷もなかなかです。
最近はたっくさんの人が本郷を訪れている姿を見ます。

数日前授業に行く時なんて、安田講堂前の並木道のどまんなかに
5人くらいおばさん達が椅子並べて絵を描いていました(笑)

パーマリンク | 12月19日 22:36 by
熊沢直美

駒場祭 その2

 はじめまして。同じく新参スタッフの廣瀬です。日記をつけようと思ったことは今までにもあるのですが、三日坊主で長くもったためしがありません。このスタッフ日記では、最近起こったこと、思ったことなどを頑張って書いていきたいと思います。

 そういえば先週末、駒場祭がありました。駒場祭は東京大学の学園祭の一つで、毎年11月に駒場キャンパスで行われます。この3日間、普段閑静な駒場キャンパスは祭一色に染まります。まず、駒場東大前の駅前で、ひと際人目を引いていたのは「門の門」でしょう。「門の門」といっても、来場してない方はピンとこないかもしれませんが、「門」という形をしている門なのです。この一風変わっている門の他にも、正門のところにはデコレーションプロジェクトの2枚の大きな壁画も飾られていました。まさに、今回の駒場祭のテーマ「一祭合彩」にふさわしいですね。

門の門

 UT-Lifeの取材はもちろんのこと、個人的にもいろんなところを見て回りましたが、その中でもお気に入りは、中夜祭の「手筒花火」。これは、今年初めて行われた企画で、火薬のつまった竹筒に火をつけ、10mほどの火柱が出たところで持ち上げていくものです。もちろん、抱えている人は思いっきり火の粉を浴びているので、本当に大丈夫かと心配になってしまうぐらいでした。また、花火を至近から見ることができたので、かなり勇壮で迫力がありましたね。

手筒花火

 その他にも、マジックや大道芸、ダンスパフォーマンス、講演会、演劇、オーケストラ、合唱など、さまざまなイベントがありました。模擬店も、軽食を売るお店だけでなく、似顔絵を描いてくれるお店や、アーチェリーを体験することができるお店、銀杏(ぎんなん)を売っているお店など、多種多様な模擬店が並んでいました。駒場祭の当日の詳しい様子については、只今スタッフが記事にまとめているところですので、楽しみにしていてください。

パーマリンク | 12月03日 00:00 by
廣瀬俊典


ページ | 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98

カレンダー

 2005年12月 

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
12/22伊藤陽介
鈴木重子さん
12/20大道亮
東大ラクロス部、決勝で惜敗
12/19熊沢直美
じゅーたん
12/03廣瀬俊典
駒場祭 その2

≫編集後記のトップに戻る
≫UT-Lifeのトップに戻る