編集後記

そして

3月も間もなく終わりを迎えようとしています。
3月の終わりというのは年度の終わり。4月からは生活が一変するという方も多くいらっしゃると思います。

殊更、大学生にとってはこの区切り目は非常に大きな変化を意味します。
それはもちろん、本学学生が後期課程に進学して……とか、4年生になっていよいよ研究室に……といったことでもありますが、私が今感じているのはそういうことではありません。
休みです。大学生、特に3年生までの学部学生は一般に春休みが長く、だらだらして過ごす人も多いでしょう。自分の周りの3年生たちを見ても、学部を卒業したら就職しようと思っている人は就職活動で忙しそうにしているものの、自分含めて大学院に進学しようとしている人は4月から始まる研究室生活に恐怖しつつ、最後の追い込みとばかりに春休みをだらだらと過ごしています。

恐怖。そう、恐怖。4月怖い。一生ダラダラ過ごしていたい。朝早く起きるのが辛い。授業に出て105分間座っている苦痛。帰宅するのは何時。次の日朝起きるためには何時に寝ればいいのか。自由時間は何時間。考えることの恐怖。時間が過ぎ去っていくことの恐怖。恐怖。恐怖。恐怖。

恐怖に対する無力感。3月はあと何日あるか。その間に何が出来るか。そんなことを考えている間にも、春休みは刻一刻とすり減っていく。そして、気がつけば4月。ほうら、何もせずに春休みが終わったぞ。さあ4月だ。

そして。4月。

4月からは、UT-Lifeもまた変化を迎えることになるでしょう。
まず、UT-Lifeの学生は3年生までで引退ということになっているので、4月からは体制が変わります。
実は私が今年度の代表を務めていたのですが、4月からは新しい代表になります。ご期待ください。

思えば1年生からUT-Lifeに関わってきて、3年間あっという間でした。率直に、楽しかったです。大学に入るまでは文章を書くということにあまり興味があったわけでもなかったのですが、今では楽しい作業だと感じています。
貴重な体験を与えてくれたUT-Lifeには感謝してもしきれません。ありがとうございました。

03月29日 19:14 by
鈴木僚太


この記事には、http://www.ut-life.net/site/staff/diary/article/303/で常にアクセスできます。

カレンダー

 2016年3月 

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
03/29鈴木僚太
そして
03/20伊藤重賢
北京旅行
03/13野上宏樹
3.11と「恐怖」

≫編集後記のトップに戻る
≫UT-Lifeのトップに戻る