当日の様子(2)

 駒場祭の当日の様子です。

 [photo]をクリックすると、さらに写真を見ることができます


< 前のページへ | 次のページへ >


アーチェリーをやってみよう洋弓部

銀杏並木を歩いていると、ちょっと変わった模擬店を見つけた。多くの模擬店は軽食を出しているのだが、ここではアーチェリーで射的のようなものをやっているのだ。お客さんは、まず防具のようなものを着用して、的から1m半ほど離れたところで弓を構える。そして、店員の人に教えてもらいながら、矢を放つ。3 本矢を放ったところで、的に当てた点数に応じて景品が出る。大人はもちろん、小学生ぐらいの子もアーチェリーの射的を楽しんでいた。


[photo]

WISH Street Dance Show 2005T.U Dancing Club WISH

なにやら騒いでる。テンションが高い。しかも鳴り止まない。ステージで、ダンスのチームが次々と登場して楽しそうに踊って去っていく。100人を超える部員はいるだろうか。通り過ぎる来場者にもなんだか楽しさが伝わってくるようだった。


[photo]

挑戦的映画劇場映画制作spika1895

なんだか変なビラが貼ってある。わざと逆さまに貼られていたり、丸めてあったり、破られていたり。13号館で上映してるらしいからちょっと行ってみた…… ら、抽象画のような美しい立て看板――しかもとても大きな――が目に入った。作品にも通ずるところがあった気がする。なんとなく惹かれてしまう映画。まるで抽象画のような。
教室が観客でいっぱいになったりはしなかった。でも、上映のあと、しきりに拍手を送ったお客さんがいた。印象的だった。


[photo]

東京大学新聞社主催シンポジウム財団法人東京大学新聞社

「起業に東大をどう生かすか」と題して行われた東京大学新聞社主催のシンポジウム。ネットエイジグループ西川社長、イー・マーキュリー笠原社長、オトバンク上田社長、東京大学産学連携本部各務教授の4名が起業について熱い討論を交わした。質問も飛び交い、来場者の方々は満足した様子。
ひょっとしたら、このシンポジウムを期に未来の大社長が生まれるかも!?

河童踊り運動会水泳部

学生会館前を出発し構内を練り歩く、一際異彩を放つ一団がいた。くちばしに腰蓑、背中の甲羅に頭にはお皿を乗せた彼らはそう、水泳部の河童たち。集団の中心には彼らのかつぐ巨大な河童の神輿が。行く先々でみこしを下ろし、その周りを歌い踊る河童たち。。100年ほど前から続くといわれる伝統の「河童踊り」である。ひとしきり踊り終わると、また神輿をかつぎ、水泳部の部歌「さぎり」を歌いながら人ごみの中を進んでいった。今度はどこへ行くのだろう。


[photo]


< 前のページへ | 次のページへ >

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!