電子情報工学科の人

 さて、本棚企画の11人目は工学部電子情報工学科の方の本棚です。電子情報工学、ということはプログラミングとかをされているんでしょうか? 文系の筆者からはかなり縁遠い世界の気がしてなりませんが……さて、どんな本があるのでしょうか。

1  これはいきなり意外な本が並んでますね! 『演劇入門』『演劇のことば』など、演劇に興味がある方なのでしょうか(編注:この方は高校時代に演劇をしていたそうです。納得。)。それから『西遊記』が岩波文庫で揃っていたり、『ハリー・ポッター』の原書が見られたり……一見すると、文学部の人と勘違いしてしまいそうですね。
 これらはプログラミングに関係する本、とのことです。C言語って名前は聞いたことはありますが、それにしても分厚いんですね……。 2
3  これは学校で使っていると思われる本ですね。『電子物性工学』『電気回路の基礎』など。左にファイルがありますが、「世界史論」や「電磁気学」などが見えるので、どうやら教養学部時代のノートがまとまっているようですね。
 ここにはご存知『スラムダンク』が全巻揃ってます。僕らの世代の必須教科書みたいなものですよね。でも、全巻が家にあるって、うらやましいぞ。 4
5  これも漫画です。『私立T女子学園』って怪しいタイトルですね。『シグルイ』という漫画も初耳です。筆者が漫画に疎いってだけかもしれないのですが……。

 感想:こうして見ると、専門の教科書と趣味である演劇の本、それに漫画と、かなりバランスの良い本棚だったなと思います。

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:06-09-22
担当:野島史暁
*