'06 オープンキャンパス

8月1日には本郷キャンパスで、2日には駒場キャンパスでオープンキャンパスがありました。 当日は晴天にも恵まれ、多くの高校生達が各学部や学生団体の主催する企画を見にやってきていました。

1日に本郷で行われたオープンキャンパスの様子をリポートします。

本郷地図

医学部コース

場所: 医学部2号館本館

赤門から東大構内に入ってまっすぐ歩いたところにそびえる医学部2号館本館。医学部のガイダンスはその3階にある講義室で行われた。

ガイダンスは医学部長である廣川先生の挨拶から始まり、その後、飯野正光先生による模擬講義が同じ部屋で行われた。題目は「細胞のはたらきを目で見て分かる」。細胞の様々な動きを可視化する手法についての講義であった。

医学部附属病院

模擬講義は一時間ほどで終了し、続いて医学部の施設見学をすることになった。施設見学は3つのコースに分かれており、医学部附属病院や医学図書館内を見学することができる。筆者は医学部附属病院内の2ヶ所を見学するコースに同行した。

まず最初に案内されたのが医工連携研究室という部屋だった。ここでは工学部と医学部の研究者が共同で研究を行っている。医師の手の動きを10分の1 にスケールダウンして再現する医療用ロボットアームや、病に冒された肉体の組織を超音波で破壊する装置などについて、機械系の大学院生の方が解説してくださった。

次に案内されたのは、中央病棟4階にある手術室であった。と言っても当然手術室の中に入ったわけではなく、手術室の脇にある見学通路から天窓越しに見下ろす形での見学であった。筆者が見学したときは数人の患者さんが手術を受けていた。一人の患者さんに5〜6人の医師の方がつき、何やらやっている様子を見ることができた。見学通路にはモニタが設置されており、グロテスクな患部のアップが映っていたりもした。筆者はあまりそういうのに強くないので比較的早々と見学通路を後にしたが、中には興味津々といった感じで長い間手術の様子に見入っていた高校生も何人かいたようであった。


担当: 伊藤俊夫 *

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:06-08-04
担当:野島史暁
*