'06 オープンキャンパス

8月1日には本郷キャンパスで、2日には駒場キャンパスでオープンキャンパスがありました。 当日は晴天にも恵まれ、多くの高校生達が各学部や学生団体の主催する企画を見にやってきていました。

1日に本郷で行われたオープンキャンパスの様子をリポートします。

本郷地図

薬学部コース

場所: 薬学系総合研究棟

薬学部では、ガイダンスとして研究室の見学ツアーを行っていた。高校生たちが約10人づついくつかのグループに分かれ、薬学部生に連れられ2つの研究室を訪れるというものだ。筆者はひとつのグループに同行させて頂いた。

一つ目の研究室では、薬開発に利用可能な天然物を探しだす新しい方法がスライドで説明された後、その方法に用いられる機器の紹介がされた。DNAなど普段は授業でしか耳にしないものを実際に扱う機器を高校生たちは興味深そうに見ていた。

二つ目の研究室では、まずアルツハイマー病についての説明がされ、次にアルツハイマー病を実際に患った方の脳のプレパラートの観察が行われた。最後にまた研究室で使われる機器の紹介がなされた。タンパク質などを扱う機器類に再び高校生たちは興味津々だったようだ。

途中、「東大の薬学部は他の大学に比べて研究重視」という話を聞いて、意外に思った高校生が多かったことが印象に残った。


担当: 養田直倫 *

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:06-08-04
担当:野島史暁
*