'07 オープンキャンパス(駒場キャンパス)

 教養学部や理学部数学科などがある駒場キャンパスのオープンキャンパス当日の模様をリポートします。

オープンキャンパス

全体ガイダンス

場所: 900番教室 11号館1106番教室

 駒場キャンパスきっての大教室である900番教室では駒場キャンパス全体についてのガイダンスが行われた。

全体ガイダンス

 小島憲道教養学部長が駒場キャンパスと教養学部について簡単な紹介をなさった後、男女共同参画室の村嶋教授、数理科学研究科の大島教授、生産技術研究所の黒田教授がそれぞれの組織についてお話しし、最後に、教養学部副学部長である西中村教授が駒場Iキャンパスと教養学部について詳しくお話しした。

 西中村教授は教養学部を紹介するにあたって、特に幅広い教養教育とレイト・スペシャリゼーション(遅い専門化)について話された。入学者全員がまずは教養課程の教育を受け、2年生の夏に実施される進学振り分けの段階で初めて専門化がなされるという東京大学の特色について詳しい説明がなされた。会場の高校生にとってもこのあたりのことは大きな関心事であったようで、熱心に聞き入っているようであった。

 西中村教授のお話が終わった後、約30分の休憩を挟み、総合講演が行われた。


担当: 伊藤俊夫 *

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!