まとめ

トップ | スタート | 本郷〜浅草 | 浅草〜亀有 | 亀有〜三郷中央 | 三郷中央〜柏 | まとめ


あとがき

 さて、本郷キャンパスから柏キャンパスまで歩いてみるという何とも無謀な企画、いかがだったでしょうか。事前にルートや所要時間を調べてから当日に臨んだつもりではいましたが、なかなかその通りには進まず、本郷から柏までで約11時間もかかってしまったのは想定外でした。おかげで当初の目的であったはずの(?)柏キャンパスの紹介はあまりできませんでしたが、道中で出会ったいくつもの風景を楽しんで頂けたなら幸いです。普通は電車とバスを乗り継いで1時間程度で行ける本郷から柏までの道のりも、時間をかけて歩いてみれば新たな発見があるものです。皆さんも、さすがに本郷から柏まで歩きましょうとは言いませんが、普段は電車や自動車で何となく通り過ぎてしまう道を歩いてみてはいかがでしょうか。そして、柏キャンパスを紹介することは、今後もしばらく UT-Lifeの課題となることでしょう……。

 最後に、この企画に参加したスタッフ一人ずつの感想を以って記事を締めさせて頂きたいと思います。

感想

関口(前半)

 前半の道案内を担当しましたが、とりあえず、迷わずに計画通りに行くことができてよかったです。少し時間がかかりすぎた気もしますが……。ともあれ、東京の中心部から県境を越えて埼玉県まで、周辺の風景の変化を感じながら歩くことができる貴重な機会だったと思います。今度できれば柏まで……無理か。

土本(前半)

 やはり終盤は疲れがたまってきて、足が上がらなくなりました。ただ、これほどの尽力にもかかわらず、前半組にとっては中継地点が「ゴール」だったこともあり、目的を達成したという実感があまり湧きませんでした。なんとなく尻切れ蜻蛉の感を抱きながらも、その日は早々に床に就きました。でもまあ、今となっては最高の(?)思い出です。

佐藤(前半)

 風景を楽しむ余裕は時間が経つにつれてなくなっていきましたが、笑いあり沈黙ありでとても楽しかったです。高校時代にも学校行事で似たようなことをやったので、歩きながらそのことを思い出したりもしました。残暑の中、下町を散策できたことも新鮮で、東京でも今回歩いたあたりは随分穏やかな町並みが続いていました。

廣瀬(前半・後半)

 前半組の出発に遅刻してしまったので、前半の亀有から途中参加して、最終目的地の柏キャンパスまで写真撮影を担当しました。前後半を通して参加した感想は、柏キャンパスに近づくにつれて、周りの風景が単調になっていくということです。流山を過ぎたあたりからは、日が落ちて暗くなっていたということもあり、夜道をひたすら歩くといった感じで疲労感が増してきたような気がします。また途中の水元公園は、家族連れなど多くの人で賑わっており、歩いていて大変気持ちの良い公園でした。

渡邉(後半)

 後半の風景は青々としていて気持ち良かったです。言い訳がましいですが、前のページで三郷を「垢抜けていない土地」と書いたのは、必ずしもネガティブな意味ではないんです。自分も田舎育ちですし、東京で過ごしている間に忘れかけていたものを久しぶりに思い出せた気がしました。

栗田(後半)

 当然ですが帰りは電車でした。自分達が3,4時間かけて歩いた道をつくばエクスプレスが15分くらいで疾走することを知った時の虚無感ときたら・・・。つくばエクスプレスの柏キャンパスの最寄り駅付近にあるららぽーとに入りましたが、立地条件があまり良くなく、閉店間際ということもありほとんど人がいなくて、きれいに整備された大規模なショッピングセンターの中に自分達だけがいるという少し変わったことがおこりました。

金井(後半)

 実は、去年の「キャンパス移動レース」でも駒場キャンパスから本郷キャンパスまで徒歩で移動しました。大した意味も目的もなく、ただ歩く、というのは、日常の生活の中ではなかなかできない経験なので、実は楽しいんじゃないかと思っています。果たして来年も、またどこかを歩くことになるのでしょうか……?



トップ | スタート | 本郷〜浅草 | 浅草〜亀有 | 亀有〜三郷中央 | 三郷中央〜柏 | まとめ

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:07-11-02
担当:渡邉洋平
*