東大生の墓所探訪


前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 次へ ≫


志賀直哉@青山霊園

 近代の日本を代表する小説家、志賀直哉は1883年(明治16年)に宮城県で生まれました。父親の直温は当時の財界で名の知れた人物で、資産家の息子として生まれた彼は学習院初等科、中等科、高等科を経て東京帝国大学文科大学英文学科に入学しました。その後国文学科に転科し大学を中退、小説家としての人生を歩むことになります。

 在学中の1908年(明治41年)に最初の作品となる『或る朝』を発表し、中退した1910年(明治43年)には武者小路実篤、有島武郎らと文芸雑誌『白樺』を創刊します。彼の代表作は『暗夜行路』や『小僧の神様』で、当時の文学者達に自身の作品名にちなんで小説の神様と称えられることもあったようです。彼の書く無駄のない文章は、小説における模範ともされていて、『城の崎にて』『朝顔』などは国語の教科書でもよく見られます。

 父親とは学生時代から長い間不仲が続いていたようで、小説家になることを反対され、結婚の問題でも衝突があったようです。それでも1917年(大正6年)には不和が解消され、作者を主人公「順吉」に置き換えた小説『和解』も発表されました。父との確執という経験があったからか、彼は自分の子供たちには公平であろうと努める良き父であったようです。そんな志賀直哉は今では青山霊園に眠っていて、彼の墓の左右には一族の墓石が10基ほど並んでいます。

担当: 栗田萌 *

青山霊園

青山霊園

高橋政知@多磨霊園

 「高橋政知」の名を知っている人は、ほとんどいないでしょう。しかし、その業績を聞くと、誰もが素晴らしいと感じるでしょう。彼の業績は、「これも東大卒の人がやったのか」という意外性のあるものなのです。

 彼は1913年(大正2年)9月4日に福島県知事・太田政弘の子として生まれ、1939年(昭和14年)に東京帝国大学法学部を卒業しました。理研重工業への入社・資産家である高橋家への婿入り・戦地への召集と復員を経て、1961年(昭和36年)に株式会社オリエンタルランドに専務として入社することになります。

 元々千葉県浦安沖の埋め立て・開発のために設立されたオリエンタルランドは、当時社員3名という小さな会社でしたが、この時社長であった川崎千春は、「日本にディズニーランドを持ってこよう」というとんでもない野望を持っていたのです。川崎の意向に高橋は当初あまり乗り気ではありませんでしたが、浦安の漁民達や千葉県、ディズニー社を相手に何度も交渉を重ねるうちに、この事業への思い入れを強くしていきました。高橋はその間の1978年(昭和53 年)に社長に就任し、1983年(昭和58年)4月15日、ついに東京ディズニーランドの開園を果たしました。

 その後も入園者の増加に甘んじることなく、東京ディズニーシーやイクスピアリ(ショッピングモール)を含めた東京ディズニーリゾートの実現に向けて尽力する中で、2000年(平成12年)1月31日に心不全で息を引き取りました(享年86歳)。東京ディズニーシーが開園したのは、2001年(平成 13年)9月4日、折しも高橋の誕生日のことでした。

 多磨霊園にある彼のお墓には、「倶会一処(くえいっしょ)」の文字が刻まれています。また、その横の碑には、ミッキー・ミニー・ドナルドと一緒にテープカットをしている写真がはめ込まれています。おそらく、ディズニーランドが開園したときの写真なのでしょう。

 今年2008年(平成20年)は、東京ディズニーランド開園25周年にあたり、園内もそれを祝うムードに包まれて盛り上がっています。彼が生涯をかけて創り上げた夢の国は、これからも多くの人を惹きつけてやまないことでしょう。

担当: 渡邉洋平 *

東慶寺

東慶寺

東慶寺

東慶寺

太宰治@禅林寺

太宰治の墓

太宰治の墓

『走れメロス』『人間失格』『斜陽』などで知られる太宰治は、日本を代表する小説家です。その作風は頽廃的、破滅的などといわれますが、『御伽草紙』のようなユーモアのあふれる作品もあります。

 1909年(明治42年)青森県で生まれ、1930年(昭和5年)東京帝国大学文学部仏文学科に入学、その後数多くの作品を残し、1948年(昭和23年)三鷹市の玉川上水にて入水自殺しました。遺体が発見されたのは1948年6月19日、39歳の誕生日のことでした。

 太宰治は三鷹市禅林寺に眠っています。森鴎外のお墓の斜め前にありました。森鴎外を尊敬していた太宰治自身の希望によるそうです。

 「この寺の裏には、森鴎外の墓がある。どういうわけで、鴎外の墓が、こんな東京府下の三鷹町にあるのか、私にはわからない。けれども、ここの墓所は清潔で、鴎外の文章の片影がある。私の汚い骨も、こんな小綺麗な墓地の片隅に埋められたら、死後の救いがあるかも知れないと、ひそかに甘い空想をした日も無いではなかったが、今はもう、気持ちが畏縮してしまって、そんな空想など雲散霧消した」(太宰治の作品『花吹雪』より)

 禅林寺では毎年6月19日に太宰治の法要の行事「桜桃忌」が行われます。全国各地から多くの愛好家が訪れます。来年2009年は生誕100周年。太宰治が亡くなるまで暮らした東京都三鷹市には多くのゆかりの地があり、生誕100周年を記念した事業が企画されています。一度訪れてみてはどうでしょうか。

担当: 富川恵美 *

長岡半太郎@青山霊園

 「原子は正の電荷を持つ原子核とその周りを回っている電子からなる」という事実は、今では高校生も知ることとなりましたが、このことを最初に主張したのは日本の物理学者、長岡半太郎でした。物理を志す学生であれば一度はその名を耳にすることでしょう。

 長岡半太郎は1865年(慶応元年)に現在の長崎県大村市に生まれ、1882年(明治15年)に東京大学理学部に進学します。その後ドイツへ留学し、ルードヴィッヒ・ボルツマンに学んだそうです。帰国後は東京帝国大学の教授に就任し、定年退職後も大阪帝国大学の総長や日本学士院の院長を歴任しました。この経歴からも、彼が当時の日本を代表する物理学者であったことが窺えます。

 彼の功績では、上に挙げた原子の土星型モデルの提唱が最も有名ですが、他にも分光学や地球物理学などの幅広い分野で活躍しました。また指導者としても多くの優秀な弟子を輩出し、自分の息子達も当時の科学の第一人者に育てたようです。

 そんな彼は85歳で亡くなるその直前まで地球物理学の研究をしていたといいます。生前に「何々になろうとする者は多いが、何々をしようとする者は少ない」という名言を残した彼ですが、まさにその発言をするにふさわしい最期だったと思います。今では青山霊園に眠る大先輩を筆者も見習いたいものです。

担当: 栗田萌 *

青山霊園

青山霊園

青山霊園

青山霊園

中島敦@多磨霊園

 類稀な才能を発揮した小説家の中には、宮沢賢治や新美南吉のように、若くしてこの世を去り、没後になってその功績が評価された人たちがいます。中島敦も、その1人として数えることができるでしょう。

 中島敦は、1909年(明治42年)に東京市四谷区(現・東京都新宿区)で生まれました。祖父は漢学者、父は旧制中学の漢文の教員という漢学一家に生まれたことが、のちの彼の作風に大きな影響を与えます。

 1933年(昭和8年)に東京帝国大学文学部国文学科を卒業し、私立横浜高等女学校(現・横浜学園高等学校)に国語・英語の教師として勤務する傍ら、作品を執筆しますが、この時には作品の発表は一切しませんでした。持病の療養のため約9ヶ月間パラオに滞在し、1942年(昭和17年)に帰国すると、作家の深田久弥(ふかだ・きゅうや)の推薦を受け、『山月記』『文字禍』を発表します。しかし、同年12月4日、気管支喘息のため33歳にして夭折しました。今では、多磨霊園の一角に眠っています。

 彼が文壇で活躍できたのはわずか8ヶ月ほどであり、作品の多くは没後に発表されました。彼の代表作としては『李陵』『悟浄歎異(ごじょうたんに)』などが挙げられますが、おそらく最も有名なのはデビュー作の『山月記』でしょう。漢文調の格調高い文体とユーモラスな語り口がよく表れているこの作品は、現在では高校の現代文の教科書に収載されているため、皆さんも一度は読んだことがあるのではないでしょうか。

担当: 渡邉洋平 *

東慶寺

東慶寺

夏目漱石@雑司ヶ谷霊園

 一世代前の千円札に描かれていた人物の名を日本で知らない人は多分いないでしょう。

 夏目漱石は、1867年(慶応3年)江戸牛込馬場下横町(現・東京都新宿区喜久井町)に生まれました。里子に出されたり、養子になったりと波瀾に満ちた子供時代を送った漱石は、1884年(明治17年)大学予備門(のちの旧制第一高等学校)に入学し、そこで正岡子規と出会いました。漱石は子規に多大な影響を受けたとされ、漱石の号は子規の筆名の1つを譲り受けたものであると言われています。

 1890年(明治23年)帝国大学(のちの東京帝国大学)文科大学英文学科に入学し、3年後同科を卒業します。1895年(明治28年)卒業後勤めていた東京高等師範学校を辞し、愛媛県尋常中学校に赴任しました。のちに発表された『坊っちゃん』は、ここでの経験を基にして書かれたといいます。

 1900年(明治33年)文部省の命により英文学研究のため漱石はイギリスに留学しますが、精神衰弱を起こし、帰国しました。帰国後、第一高等学校と東京帝国大学から講師として招かれ、教鞭をとるようになるも、東京帝国大学では、前任の小泉八雲留任運動が起こり、さらに講義は不評を買い、また一高では、叱責した藤村操に自殺されてしまいました。こうした中で、再び精神衰弱を再発させてしまいます。

 1905年(明治38年)高浜虚子の勧めで、精神衰弱を和らげるため、処女作『吾輩は猫である』を執筆しました。それを『ホトトギス』に掲載し、好評を博すと、以降作家として生きていくことを志望するようになります。1907年(明治40年)朝日新聞社に入社し、職業作家としての道を歩み始め、同紙に『虞美人草』『坑夫』『三四郎』『それから』『門』などを発表し、作家としての地位を確立していきました。

 1910年(明治43年)の「修善寺の大患」において生死の間を彷徨って以後、『彼岸過迄』『行人』『こゝろ』『道草』『明暗』などで利己主義の問題を追究し、晩年は「則天去私」の境地に達したとされます。1916年(大正5年)、『明暗』を執筆中、持病の胃潰瘍を悪化させ、内出血を引き起こし、この世を去りました(享年49歳)。現在は雑司ヶ谷霊園の一角で眠っています。

担当: 大野雅博 *

都電雑司ヶ谷駅

都電雑司ヶ谷駅


前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 次へ ≫

トップへ戻る

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:08-11-02
担当:栗田萌
*