'08 オープンキャンパス(本郷キャンパス)

 本郷キャンパスのオープンキャンパス当日の模様をリポートします。

オープンキャンパス

法学部

場所: 法文二号館 法学政治学系総合教育棟

 教室としては本郷で随一の規模を誇る、法文二号館の法31教室。訪れた400人の高校生達は、まずその大きさに驚いた事だろう。そんな中で、法学部のオープンキャンパスが始まった。最初に法学部長の井上正仁教授が挨拶で「どういう道に進み、何をしたいかを考えて」と訴えかけ、次に政治学と法学の模擬講義が行われた。

オープンキャンパス

 政治学の模擬講義を担当した谷口将紀准教授は、政治学の定義と民主主義について説明した。政治とは「人間集団における秩序の形成と解体をめぐって、人が他者に対して、また他者と共に行う営み」(『広辞苑 第六版』)であり、我々は家庭や部活といった日常の小さな集団の中でも広義の政治を行っているという。また、政治学の対象を国家が行う狭義の政治に絞るとしても、哲学・歴史学・法学・社会学・経済学・心理学など多様なアプローチの方法があり、政治学は捉えどころのないものである。「政治学者は昔から“政治学とは何か”という問題を考えてきた」という先生の言葉が、学問の奥深さを物語っていた。

 対して、法学の模擬講義を担当した大村敦志教授は、英国スピード社製の水着「レーザー・レーサー(LR)」というタイムリーな話題を取り上げて講義を展開していった。今年6月に日本水泳連盟が北京五輪で使用する水着のオープン化を決定し、ミズノ社と個人契約を結んでいる北島康介選手もLRで五輪に臨むことになった。ここから、「契約」という仕組みを取り上げ、その契約がもつ法的な拘束力や、契約の内容解釈といった問題を説明した。一見法律とは関係の無さそうな事象を「法的な見方」を通して考えるという事を、実例に即して分かりやすく説いた講義であった。

 模擬講義の他に、正門脇の法学政治学系総合教育棟には、文献・資料展示のコーナーや、助教と学生による質問コーナーが設けられていた。


担当: 渡邉洋平 *

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!