'08 オープンキャンパス(本郷キャンパス)

 本郷キャンパスのオープンキャンパス当日の模様をリポートします。

オープンキャンパス

女子学生コース

場所: 情報学環・福武ホール

 東京大学男女共同参画室が企画する「女子学生コース」は、東大女子学生を増やすことを目的としている。きれいで広々とした情報学環・福武ホールのラーニングシアターには、午前から多くの女子高校生と母親が集まっていた。

 男女共同参画室長からの挨拶に続いてOGによる講演が行われ、文系と理系各1名の講師からお話があった。東大での学生生活と、学生生活の中で進路を決めるきっかけになったこと、現在の職業について、自らの体験を話してくれた。

 休憩の後、パネルディスカッションが行われた。参加者には予め質問用紙が渡され、参加者は質問事項を書き込む。これに現役女子東大生5人が答える形式だった。

 質問は「女子校から来て違和感はありませんか?」といった女子ならではの質問から、「受験勉強はいつから始めましたか?」といった全ての受験生が抱くであろう疑問、さらには学費やアルバイトについての質問まであった。「東大は女子が少なくて、はじめはカルチャーショックを受けたけど、すぐに慣れました。」「女子が少ないからかえって仲間意識が強くなって悩みが相談しやすいです。」「高2の夏は部活をやっていました。受験勉強は高3の夏に一番頑張りました。」など、パネラーは自身の体験にそって丁寧に質問に答えていた。現役女子東大生の生の声に、参加者は頷きながら熱心に聞き入っていた。

 最後に交流会があった。卒業生や現役東大生が参加者に話しかけに行き、参加者の個人的な質問に答えたりしていた。

 東大だからといって特に心配することはない。とても楽しいところだから是非入ってきてほしい。このような企画者の熱い思いが伝わってくるようだった。


担当: 富川恵美 *

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!