'09 オープンキャンパス(本郷キャンパス)

 本郷キャンパスのオープンキャンパス当日の模様をリポートします。

オープンキャンパス

分子細胞生物研究所

場所: 分子細胞生物研究所

オープンキャンパス

 弥生キャンパスにある分子細胞生物学研究所では、13時30分からの講義に引き続き、2コースに分かれ研究室見学が行われた。本郷キャンパスから少し遠い位置にあり、若干足を運びにくいのではないかと思われたが、予定人数を超えるほど大勢の高校生が参加していた。

オープンキャンパス

 筆者が参加したコースでは、生命科学総合研究棟にある研究室で、大学院生の協力の下ショウジョウバエのオス・メスや、野生型と変異体の違いを直接顕微鏡をのぞくことで確認し、遺伝子の働きを実感できた。また昨年ノーベル化学賞で話題となったGFP(緑色蛍光タンパク質)を利用して、ショウジョウバエの脚部の形成過程を見ることが出来た。その後、助教による遺伝学に関する詳しい説明が行われた。

 実際に最新の研究が行われている現場に触れることで、いつもはあまり実感の湧かない遺伝学により近づけるいい機会になったのではないだろうか。


担当: 赤松航太 *

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!