'09 オープンキャンパス(本郷キャンパス)

 本郷キャンパスのオープンキャンパス当日の模様をリポートします。

オープンキャンパス

工学部

場所: 工学部八号館

 工学部のコースは、参加自由の6つの講義と、工学部各学科の研究室見学、そして工学部の学生が来場者の様々な疑問に答える「学生だんわ室」からなる。

オープンキャンパス

 このうち、松橋隆治教授の「日本における低炭素社会実現の可能性」の講義では、地球温暖化に関する問題の歴史を見た後、先日発表された、日本の温室効果ガス排出量を1990年比で15パーセント減らすという目標は簡単ではないことの説明がなされた。排出量を減らすための取り組みは簡単でないことを踏まえ、未来への展望の1つとして、温暖化を止める地域の取り組み「一村一品」作戦を紹介していた。来場者は工学部と社会とは、密接にかかわっていることを学べたのではないだろうか。

 工学部の研究室見学は、学科ごとに行われている。高校生が十〜数十人のグループに分かれ、各学科の26の研究室をそれぞれ見学し、研究室の様子や設備、展示に見入ったりしていた。


担当: 小長谷貴志 *

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!