'09 オープンキャンパス(本郷キャンパス)

 本郷キャンパスのオープンキャンパス当日の模様をリポートします。

オープンキャンパス

女子学生コース

場所: 情報学環・福武ホール

オープンキャンパス

 情報学環・福武ホールでは男女共同参画室による女子学生コースが行われていた。筆者は午後の部に参加したがコースの内容は男女共同参画室室長の大島まりさんによる挨拶に始まり、卒業生である中島雅さんと鈴木絢子さんによる講演と現役女子学生によるパネルディスカッション、交流会であった。

 文系卒業生である中島雅さんは1年生ではサークルに打ち込んだことや、専門の決定、ゼミでの出会いについて自らの体験を話してくださった。また、人間関係が広く作れることや、最先端の研究や情報を得られることが東大に入ることの利点だと教えてくれた。

オープンキャンパス

 理系卒業生の鈴木絢子さんは天文学への興味や大学に入った後のキャンパスライフ、自身の研究について語ってくださった。研究を深めることは苦労が多い一方で専門について想像したり、知りたいという欲求にしたがって研究することは楽しいと話されていた。また、大学生活の魅力としては専門以外のことについて勉強できること、好きなこと探しができることを挙げ、「よく学び、よく遊ぶ」ことが重要だと教えてくれた。

 現役女子学生によるパネルディスカッションでは、異なる学部の6人の学生が自分の体験を語ったり質問に答えてたりしていた。東大を目指したきっかけや普段の生活についての実態を話した後、「受験に自信がない」「高校時代に何をやっておけばよかったか」といった高校生特有の質問や「東大に入ってよかったこと・苦労したこと」など、大学の魅力を問うものもあった。

 最後に交流会があり、質問できなかったことなどを今回の出演者の方に聞く時間が設けられた。筆者も女子であるが、女子学生コースに参加してとても励まされた。


担当: 牧祥子 *

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!