'10 オープンキャンパス(本郷キャンパス)

 本郷キャンパスのオープンキャンパス当日の模様をリポートします。

オープンキャンパス

薬学部

場所: 薬学部総合研究棟

 薬学部では、定員制の研究室見学と進学相談会からなっています。

 研究室見学は、1グループ12人、1回2時間で2つの研究室を訪問する15種類のコースが用意されていましたが、午前中の早い段階から全てのコースが希望者で埋まってしまうほどの人気でした。

 このうち、薬を体内に摂取した時の、体内の細胞の内部で起きている化学反応を観測して、薬が実際に効果を出しているかの研究を行っている代謝化学の研究室では、体内で起きている化学反応を観測するためのリモートセンシングとして使われる蛍光プローブをテーマにしていました。

 蛍光プローブとは、紫外線を吸収して、特定の波長をもつ可視光を発する物質のことで、化合物やイオンを検出するために用いられるものです。

 実験室の見学では、亜鉛イオンの存在下や、酸性条件下で発光する蛍光プローブを実際に発光させる実験を見ました。机の上に多くの器具や薬品が並べられている大学の実験室を見て、自分が大学に入って実験している様子を思い描いたことでしょう。

 大講義室で行われていた進学相談会では、主に薬学部の3年生がグループになって、高校時代の生活や受験に関するアドバイスなどの高校生の質問に答えていました。


担当: 小長谷貴志 *

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!