法学部

法学部の学生に、法学部の様子をインタビューしました。


法文二号館

―大学では何を勉強していますか?

僕はできたら公務員希望なので、政治系のゼミなどをとっています。法学部のゼミは半年単位で開講されていて、多くの人は複数とるのですが、いろんな人と関わることができて新鮮です。

―授業の雰囲気や、講義の形態を教えてください。

ほとんどの講義が大教室で、教授のお話を多人数で聞くという形になっています。出席なんかももちろんとらないので、ある意味個人の自由に委ねられているのかもしれませんね(笑)。対して先にも挙げたように、ゼミという場だと担当教授や、少人数の仲間と濃く付き合うことができます。

―アルバイトは何かされていますか?

駒場にいたころはいろいろ経験したのですが、今は塾講師をやっています。ただそろそろ進路決定に大事な時期なので、入る時間を削ったりしなくてはと考えている最中です。

―休日はどのように過ごされていますか?

今のところメインはバイトですが、暇な時は美術館とか博物館とかうろうろしてます。

―実家生ですか?下宿生ですか?

ちょっと遠いんですが、実家から通っています。

―高校の頃はどのように過ごされてましたか?

高校の時は生徒会に所属していて、結構放課後や休日はそちらにかかりきりなってしまって、6月に引退するまではあまりまとまった勉強時間はとれませんでした。その代わりに、学校で行なわれていた早朝講習とか、家に帰ってから寝るまでの短い時間を活用するなど、上手に時間を使うことを意識していた様に思います。勉強時間は一線を退いてからはおよそ平日は授業以外だと5時間弱ほどでした。

―東大に対するイメージはどのようなものでしたか。また、それは入学後どのように変わりましたか。

受験前に実際に東大に足を運んだのが1回しか無かったり、母校から東大へ進んだ人が少なかったせいもあってか、東大がどのようなところかというイメージ自体漠然としていて、合格しても実感はあまりなかったです(笑)。実際に東大で勉強するようになってからは、本当に「いろんな人がいる!」ってのがまず挙げられるイメージです。自分の周りでも、希望する進路だけでもさまざまで、高校にいたころからは想像もできないほど多種多様な人と出会えたと思います。

―将来の夢・進路について教えてください。

最初に触れたように、国家公務員を目指しています。ただ、いろいろと就活関連のセミナーにも参加してみると、民間の企業もなかなか面白そうだなあと思ったり思わなかったり……。

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:11-12-21
担当:赤松航太
*