工学部(機械工学科)

工学部機械工学科3年の学生に、工学部の様子をインタビューしました。


工学部2号館

―大学では何を勉強していますか。

機械工学です。四力学といって、機械力学、熱力学、流体力学、材料力学の4つを中心に学んでいます。また設計面に生かせそうなものを同時に学んでいます。

―授業の雰囲気や講義の形態を教えてください。

先生によって違いますが、スライドを使ったり板書したりです。みんな割と真面目に受けてます。機械情報工学科(編注:工学部機械工学科と機械情報工学科は多くの講義が共通しています)の人たちはパソコンを開いてカタカタやっているのが印象的です。

―休日はどう過ごしていますか。

平日忙しいので、寝るか買い物に出るかで終わってしまいます。

―アルバイトなどはしていますか。

住んでいるところが遠くて、あまり平日に時間が取れないので、アルバイトはできていないです。サークルの活動による収入が多少あるので、時間がある時はサークル活動に時間を使ってお金をいただいたりしています。

―高校生の頃について教えてください。

受験期は学校が終わる16時30分くらいから県立図書館にこもって21時まで勉強していました。家に帰ったら弟とゲームしたりで勉強はたまにするくらいだったので、あまり模範的な受験生とはいえなかったのですが(笑)。高校の頃は体育祭の応援団に力を注いでいました。

―受験で大変だったことを教えてください。

英語の点数が伸びなかったことに悩みました。それで気を紛らわせるために物理を勉強したら物理の方を好きになりました(笑)。

工学部2号館

―東大に対するイメージはどのようなものでしたか。

東大に入るまでは、すごい人達が集まってるんだろうな、と思っていたのですが、入ってからよくよく考えたら(1学年)3,000人もいることに気づいて。入るまではたった3,000人しかいないんだって思っていたのですが、入ってからは3,000人もいるのか、そんなに珍しくもないなと思うようになりました。理系の道を進むなら男子校だよって先輩から聞いていたので、男女比についてはイメージ通りでした。大学生になったらインカレとか出会いの場があるのかな、とは思っていたのですが、そのイメージは間違っていたようです(笑)。

―考えている進路や将来の夢を教えてください。

大学院修士までは進もうと決めています。博士に進むかはどうしようか悩んでいます。企業に入ってから大学に戻ってくるという選択肢もあるという話を聞いたので、それもアリかな、と思っています。将来は企業に入って、製品に近い、企画の分野に携わりたいです。

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:11-08-21
担当:亀甲博貴
*