経済学部(オープンキャンパス2012)

経済学部

経済学研究科棟で行われたはじめの学部長挨拶では、学部長が経済学と経済学部の概要をお話になりました。引き続いて、「日本のものづくりと中国」と「バブルと貨幣は似ている」という題で各45分の模擬講義がありました。「日本のものづくりと中国」では、かつて中国や日本で見られた、時計やバイクなどの製品の模倣を日本経営史の観点から見ていきました。「バブルと貨幣は似ている」はマクロ経済の概要と、バブルと貨幣の共通点と違いを見ていきました。最後に経済学図書館、金融教育研究センター、ものづくり経営研究センターの3つに分かれて施設見学をしました。

経済学部

模擬講義では見やすいスライドに沿って話が進められていて、大変面白い内容でした。

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:12-08-07
担当:立花悠斗
*