女子学生コース(オープンキャンパス2012)

女子学生コース

女子学生コースでは情報学環福武ホールにて、卒業生の講義と在学生によるパネルディスカッションが行われました。

はじめに男女共同参画室長の山下友信先生によるご挨拶があり、東京大学学生の女子率が国際的に見ても低いこと(2割弱)、女子学生の入学を促進したいということをお話しされました。

続いて文理それぞれの卒業生講義が行われ、文系では、現在、弁護士として活躍しておられる春日舞さんが、高校時代の海外ホームステイでタイとアメリカ合衆国で生活したとき経験や大学入学後のサークル活動の経験が将来の選択に与えた影響や、東京大学ロースクールでの経験をお話ししてくださいました。

理系では国立環境研究所にお勤めの白井知子さんが、ご自身が高校時代に、現在の研究テーマである成層圏オゾン問題など、大気に関する環境問題へと至った経緯や、大学時代の研究活動・研究成果について具体的な内容を分かりやすくお話しされ、最後に東京大学は最先端の研究につながる、夢のかなえられるところであるというメッセージをいただきました。

女子学生コース

在学生によるパネルディスカッションでは、大学生活の経済事情や普段の学生生活、留学、アルバイト事情、高校生の頃の受験勉強の話など、高校生には関心のある話題で盛り上がり、時には笑いが起こる楽しいものでした。

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:12-08-07
担当:久保京子
*