医学部医学科5学期

第5学期(3年夏学期)

1時限目
8:40 〜 10:10
微生物学Ⅰ 微生物学Ⅰ 免疫学 解剖学(マクロ) 解剖学(発生)
2時限目
10:30 〜 12:00
微生物学Ⅰ 微生物学Ⅰ 免疫学 解剖学(マクロ) 解剖学(発生)
3時限目
13:00 〜 14:30
解剖学(マクロ) 解剖学(マクロ) 解剖学(マクロ) 解剖学(マクロ) 解剖学(マクロ)
4時限目
14:50 〜 16:20
解剖学(マクロ) 解剖学(マクロ) 解剖学(マクロ) 解剖学(マクロ) 解剖学(マクロ)
5時限目
16:40 〜 18:10
         

※表中の色分け: 必修科目

どの建物や教室を使いますか。

解剖学(マクロ)はすべて医学部本館3階の実習室、他の科目は医学部1号館1階講堂や医学部本館の小講堂、大講堂です。

いくつかの講義の内容を具体的に説明してください。

解剖学(マクロ)では、ご検体を2ヶ月くらいかけ自分たちの手で解剖していきます。基本的に講義はまったくなく、解剖実習の手引きを読みながら班ごとに解剖を進めていきます。その過程で実際の検体を見ながら、手引きに載っている解剖学の知識を定着させていきます。

成績はどのように評価されるのですか。例えば、テストとレポートの比などを教えてください。

基本的にはテストのみによる評価です。ただし、解剖学(マクロ)は実習中に小テスト、試問などがあり、それらに合格することが必要です。なので解剖実習にはある程度出席することは必須ですが、逆に他の科目はテスト一本勝負です。

教養学部前期課程または4学期に比べて、授業で違うところはありますか。例えば、内容や形式で異なることはありませんか。

午後はすべて実習となり、遅くまで残って実習を進めている班もあります。実習の進め方はかなり班員に任されているので、班員の都合で早く終わらせることもある程度可能です。班にもよりますが、多くの人にとって4学期よりハードな生活になると思います。実習以外の授業は教養学部前期課程や4学期とあまり変わりません。

教養学部前期課程または4学期に比べて、生活で違うところはありますか。

実習、勉強にとられる時間が多くなるという印象です。うまく時間をやりくりすれば、サークル・バイトなどと両立することはもちろん可能ですが、解剖学(マクロ)は暗記量も膨大だということもあり試験前などはかなりハードです。

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:15-05-14