中国語

林先生

近年、日中の経済一体化の流れの中で、中国語を学習する人が増えつつある。駒場でもその類にもれず、最近では多くの学生が第二外国語として中国語を選択している。今回は、中国語の授業を担当されている林少陽 特任准教授に、中国語の授業の特徴や現在の日中をとりまく情勢についてお話を伺った。


1.中国語について | 2.授業について


先生自身の研究

私は元々は中国の大学で英語を学んでいたのですが、日本語に対する好奇心が湧いて、その後日本語学科に転じました。中国でも日本の研究は可能ですが、やはり日本で勉強したほうが良いだろうと思い、留学という道を選んだわけです。駒場で大学院総合文化研究科の言語情報科学専攻に属していましたが、その博士課程を経て、助手(編注:現在でいう助教)になり、2006年から教養学部の中国語部会の仕事を担当するようになりました。

林先生

私は元々は日本近代文学、特に批評の理論を研究していました。西脇順三郎と夏目漱石の文学理論や、思想史といった日本文学・思想にまつわる仕事をやりながら、同時に中国文学にもまたがって研究をしています。そうしていくうちに、日本文学と中国文学を2つの国のものとして見るよりも、漢字圏の2つの言語体系の中の文学・思想として捉えるようになりました。

明治以降は近代の国民国家的なシステムの中で学問体系が再組織されたので、それが1つの切断となっているんです。これが日本でこれが中国という風に、無理矢理に分けてしまっているのです。この切断は国と国の間だけでなく、1つの国の中でも前近代的な歴史との切断でもあります。もちろん私は、日本文化と中国文化が1つのものだとは思いませんが、だからといって重なる部分がないということもあり得ないですよね。そうして違うものから同じものを見出し、同じものから違うものを見出そうとするのは、重要だと思います。

地域文化研究の上で、中国語の学習によって見えてくるもの

林先生

いわゆる「中国語」は現代の言葉なので、東アジアが共有している書記体系としての漢文とは少し違いますが、関わりのある部分もかなり見られます。口語と書記体とは本来二元論的なものであり、実際相互影響的なものでもあります。だから、現代の中国語を通して、皆さんが高校までで学んできた漢文を理解し、中国の歴史と日本の歴史、さらに大袈裟に言うならば東アジアの前近代の歴史を深く理解することができるのではないかと思います。

江戸の大学者荻生徂徠が言うように、漢文の訓読は翻訳でもあります。訓読は中国語を知らない日本人を対象に工夫した重要な方法で、たいへん重要な遺産です。他方、翻訳は若干意味をずらす事も含み、一義的に解釈されてしまう危険性があるので、訓読は翻訳を必要最小限にやったわけです。この翻訳された部分を探り、多義的な意味を理解することは、現代中国語を学ぶ上での1つのきっかけ、チャンスだと思います。

それと同時に、日本で使っている漢字の意味も、実は現代の中国人でも分からないようなものが数多くあります。例を挙げると、「之」という字に関して、一般の現代中国の人は「の」という意味ぐらいは分かるんですが、「ゆく」という意味が入っていることは、中国ではある程度の教養のある人でしか分からないんですよ。同じように、日本では「うまい」という意味でも使っている「旨」の字も、ほとんどの中国人には「要旨」の意味しか分かりません。実際「美味しい」という意味の「旨」は、『礼記』にも見られています。しかし、逆のケースも少なくないです。特に中級以上の現代中国語の読解の授業は漢字力を強める上で重要だと思います。

このように現代の中国語の勉強は、古代の漢文と日本語を理解する上で役立つものだということです。日本と中国の過去を知る上で、現代の中国語を勉強するということが、1つの入り口になると思いますね。安藤彦太郎という昔の中国研究の先生が『中国語と近代日本』(岩波新書)でしてきた通り、漢文と現代中国語を全く関係ないように両立して見ることは間違いです。

近代から現代にかけての日本と中国を取り巻く文化的情勢

林先生

現代の日本と中国は、政治的にも文化的にも別々の道を進んでいます。現代の中国で起こっていることを日本の人々が学問を通して理解するのは、マスメディアの報道とは違う真相を理解する上でも大事なことです。

近年ではグローバリゼーションや日中の経済一体化ということにも関わり、中国では日本語を勉強する人が増え、日本では中国語学習者が増えています。彼らよりだいぶ前から日本語を選んだ私にとっては、これは嬉しいことですし、いいことだと思います。何故かというと、1点目には学問的には、近代の西洋中心的進化論・進歩主義への批判という文脈における、漢字圏の学術体系を見るということにつながるかと思います。2点目は、地域研究としての中国研究・日本研究はもちろん、普通に生活する上でも他者を理解するということは非常に重要だと思います。3点目には、上の日本語・中国語の学習者が多いことは、実際に我々が新聞で読んでいるより深い程度で日中の経済の一体化が進んでいることをも示しているでしょう。4点目には、グローバリゼーションの流れの中での、漢字や学問を昔のような国家的な枠組み、たとえば「国語」なる枠組みから脱出させる試みであるという点です。


1.中国語について | 2.授業について

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:08-07-16
担当:渡邉洋平
*