日本国憲法

「日本国憲法」は駒場定番の人気授業である。今回は、非常勤講師として本講義を長年担当されている渋谷秀樹(しぶたに・ひでき)教授(立教大学大学院法務研究科)に、講義で心がけていることなどを伺った。


講義の概要

私が書いた『憲法への招待』(岩波新書)を教科書として使いながら、憲法の基本的な原理から始まって個別の権利や憲法的なものの見方を体系的に講義するという内容です。

講義で心がけていること

渋谷先生

自分の専門に特化して、あるいは自分の考え方に基づいて話すという形で講義を組み立てるのも一つの方法だと思います。ただ、大学に入ったばかりの1年生の皆さんはそうした講義に戸惑うところが多少あるのではないでしょうか。つまり、高校までの授業ははっきりとした正解が用意されていると思いますが、憲法の場合にはいろんな考え方があるため、教える人によって結論はまちまちです。この講義を受けるのは1年生が中心ですから、そうした結論のところだけを教えるのではなくて、憲法的な発想の方法というか、憲法って基本的にこういうもので、憲法問題を考えるときにはこういうことはきちんと考えましょうということを教えます。その先の結論は皆さんにそれぞれ考えてもらえばいいことで、前提となる共通理解というか基本知識を教えることが、大学1年生に対する科目を担当する者としての責任だと思っています。特に憲法についてはいろんな考え方が対立しているので、どっちが良いとか悪いとかではなくて、皆さんが自分で選び取るためのベースになるところを教えるように心がけています。もちろん私自身の考え方を言うこともありますが、そこは色分けをしているつもりです。

私自身は理系の学生も文系の学生も聴いてほしいと思っているので、両方の学生が履修できるコマで教えています。また1年生が中心ということもあって、いきなり憲法の細かい内容を話しても分からないかなと思うところがあり、また憲法も法の一つなので、法についての基本的な知識、正確な知識を折に触れて教えるようにしています。講義では六法を使いますし、せっかく六法を手元に用意してもらうのですから、社会に出た後でも法律が問題になったときに自分で六法を使いこなせるように、ある程度まで法の基本的な調べ方や考え方、体系が分かるように教えています。ただそうはいっても私も研究者ですから、基本的なところを教えると同時に、先端的な考え方についても教えるように心がけています。講義を聞く人たちもさまざまです。たとえば教員免許を取るために来ている学生もいるし、将来法学部で法律を専門に勉強したいという学生もいるし、理系の中には単位が要るから仕方なく取っているという学生もいるわけですよ(笑)。でもそれぞれの学生がちゃんと勉強したいと思うような、そういう授業を心がけています。数年前教えた理系の学生から真剣にこの授業が面白かったから法学部に進学したいと相談されたこともあります。

普段はあまり憲法のことを意識しないでも暮らしていけますね。ただそうはいっても、憲法が自分の生活に深く関わっているということを知っておいてほしいのです。理系だから関係ないということではなくて、日本に暮らしている以上、日本国憲法は日本の基本的ルールを定めるものですから、その基本的な考え方や原理原則だけは少なくとも知っておいてほしいという思いで講義しています。ただし私自身の考え方ではなくて、日本国憲法はどういうメッセージを発しているかということを基本に据えて講義するようにしています。

受講者は文一から理三まで

この授業は文一から理三まですべての科類の学生が受講しています。また1年生が圧倒的に多いです。しかし文一といってもまだ専門に勉強しているわけではないので、私自身は進路の違いということは意識せずに教えているつもりです。実際文一の学生からもっと高度なことを教えてほしいという要求はなく、授業評価アンケートを見ても満足度が結構高いようです。ただし注意してもらいたいこともあります。何年か前の文一の学生ですが、私の講義を1年の夏学期に聴いて、2年になって法学部の専門の授業を受けたそうです。そうしたら私の講義では非常によく分かったのに、専門の授業に入って途端に分からなくなったというのです。それは別に私の授業が良いということではなくて、やはり同じ科目についてもいろんな先生から教えてもらうということが大事で、だから私の講義だけを聴いて分かったつもりになってもらっても困るのです(笑)。授業時間も短いし、結構シンプルな形で講義していますので。

もっとも、理系の学生からはちょっと分かりにくいという声も実は寄せられています。専門的な言葉についてはもっと分かるように説明したり内容も変えたりして、そこは改善するようにしています。また採点についても、理系の学生から甘くしてほしいという要望が毎年のようにあります。しかしそれは不公平なのでやっていません。そんなことをしなくても理系ですごく良い答案を書く学生は毎年います。総じて文一の学生が良い答案を書くのは確かです。それは将来の専門分野になるから一生懸命勉強するというところがあるからでしょうが、そうはいってもさほど差はないと思います。

法学はどちらかというと論理の部分が多いですし、言葉の解釈から入るのが基本になってきます。法は論理と言葉からなっていますから、文三の学生にも結構良い答案がありますし、理系の分野も一定の論理で成り立っている学問ですから、別に理系だから不利になるのではなくて、むしろ論理的な思考が好きな学生であれば向いているかなというところもありますね。

教員免許取得に必要とされていることの意味

編註:教員免許を取得するには、教育職員免許法の定める科目の単位を修得しなければならない。そのうち、本講義が相当する「日本国憲法(2単位)」の修得も必要とされている。

学校の教壇に立つ教員が、日本の社会の基本である日本国憲法の原理原則を知っていて、それを直接授業で教える、あるいは教育の実践においてそういうことを意識して教えることは、日本国憲法のメッセージを次の世代に伝えるという意味があるので、非常に大事なことだと思います。もっとも私が本当にそれを正確に伝えているかどうかは難しいところかもしれません。でもこれからの日本を支える次世代にとっては必要なことなので、教育に携わる人に日本国憲法を教える、その修得を義務付けるということは非常に意味のあることだと思います。

東大生の性格

渋谷先生

私が東大で非常勤を始めたのは8年ほど前です。私自身が東大を出て20年ぐらい経っていました。今の東大生ってどうなんだろうと思っていましたが、基本は変わらないなって感じですね。女子学生が増えてちょっと華やかになった、明るくなったなという印象はありますが、特に男子学生なんかを見ていると昔と同じだなと感じますね(笑)。講義の最中だけじゃなくてちょっと早めに行って様子を見ていると、あまり変わってないなって。基本は真面目だし地味だし。私自身は、学生時代は自分の力を蓄える時期だと思っていて、今の東大生もそういう意識でいるように見えるんです。だからあまり変わってないのかなと。本当に真面目ですね。

真面目って大事ですよ。やっぱり真剣に取り組んでいることが感じられますね。特に東大生の場合は、勉強に対する真剣さというのが伝わってくるところがあります。授業をやっていて自分のメッセージが伝わっているのかいないのかっていうのは、学生の反応から分かるものですが、私が話したことがスーッと吸収されるような感じがします。話したことがそのままきちんと届いているような感じです。東大生は本当に真面目にきちんと聞いてくれているなっていう気がします。もっともそれは感覚的なものにすぎませんけれど。

試行錯誤の教育活動

憲法は政治とすごく関わっているし、生活にも関わっているということを実感してもらうためにも、時事的な問題をできるだけ取り上げるようにしています。しかし授業にこれで完成っていうのはありません。ちょっとこの辺はだめだった、あれの説明はうまく言えなかったとかね。授業を終えて「今日は完璧」という日はないですね。何となくうまくいったなと思う日はありますが、それでも反省点はあって。講義はある意味独演会ですから、自分で反省しないと独善的になってしまいますね。

それと時間内に完結するような授業は良かったと思えるかな。落語じゃないですが、最初に話したことでずっと回していって、冒頭に問いかけをしたのであれば最後にその答えが皆さんにちゃんと分かるようになって完結した授業が一番理想的です。ところが時間が足りなくて終わってしまうとか、最後を端折ってきちんと伝わらなかったりしたら、今日は今一つだったなと思うこともあります。

言いたいことがよく伝わってくるのが良い授業だと思っていて、それを心がけています。伝えるためにはきちんと整理されていなければならないし、論理的に順序立てて説明しないと伝わらないので、間を飛ばして結論だけを言うのではなく結論に至るまでの思考のプロセスが分かるように講義をしたいと思っています。実際に出来ているかどうかはまた別問題ですけどね。研究と教育というのは両輪だけれども、教育には教育の難しさがあります。よき研究者は必ずよき教育者かというとそうでもないです。教育は別の能力がいるんですね。

教育の受益者は社会である

渋谷先生

教育はもっと長い目で見てほしいですよね。教育への投資というのは20年、30年経って初めて成果が上がるものなので、正直そういうこともちゃんと考えてもらわないと困ります。私は母が高校2年のときに父が大学1年の時に亡くなり、授業料免除を受けることができたので、授業料は1年生の前期までしか払っていません。大学院をいれて東大に10年いましたが、結局授業料を払ったのはそれだけです。入学料と併せて数万円払っただけで10年間一流の先生方の授業を聴いて勉強させてもらったという思いがあるので、今それを還元できる立場に立ったのだから還元したいという、そういう気持ちで仕事をしています。政府関係の仕事もはっきり言ってほとんど報酬はありません。けれどもやはり自分がそういう形で教育をしてもらったという、恩返しといったらなんだけどそういうつもりでやっています。教育というのはそういうものかなと思っています。

「教育の受益者負担」ということが言われるけれども、教育の利益というのはその本人ではなくて社会が受けるわけでしょう。憲法26条が規定する教育を受ける権利は個人的な利益として考えられているけれども、教育を受けた人が社会でいろんな意味で還元してくれるわけで、そういうことまで憲法は語っているのではないかと思います。憲法はシンプルだけれども案外奥が深いですね。

校務と教育と研究

ハーッて溜息をつきたくなりますが(笑)。ロースクールができてから教育のウェイトが大きくなりましたね。法務研究科(立教大学大学院)の委員長をしているのですが、今はその管理職の仕事のウェイトが大きいです。配分は管理職の仕事が3分の1、教育が3分の1、研究が3分の1と言いたいところだけれども、実際には研究する時間が少なくなってしまいあまり論文も書けなくなってしまった状態です。それでも何とか書いていますが、ではどうやって書いているかとなると寝る時間を削るしかないのです。ロースクールは負担が本当に大きいんですよ。法学部と違ってロースクールは最終的には試験に通るということに目標があるので、どうしても教育のウェイトが高まります。さらに今は、ロースクールの授業についても学習指導要領のようなコア・カリキュラムを設定するというようなことをやろうとしています。こうなるとロースクールというのは小学校と同じですね(笑)。そういう皮肉というか、大学の自治や教授の自由はロースクールにはないのだというある種の諦めがあります。東大に講義に行くときはそういう重圧や管理職としての負担もないですから、解放されて本当に楽しいというか、純粋に教育に徹することができるというのはありがたいし、精神安定に非常に役に立っています(笑)。

学生へのメッセージ

渋谷先生

私は東大で教えていて楽しいと思っているところがあるんです。古い言い方かもしれないけど“天下の秀才”を教えるというのは、教える側としても光栄なことであるし喜びであると。東大生というのは、どの分野に進むにしても将来リーダーになるような人ばかりで、そういう学生たちを相手に私自身は教えていると思っています。それは教育者としての喜びです。だから、忙しいけど東大だけは教えに行きたいという気持ちがあります。学生にとっては迷惑な話かもしれませんがね(笑)。

秀才というのは辛いですよね。世間から見ると頭が良いというのは生きていくにも楽じゃないかというイメージがあるじゃないですか。でも秀才であればあったで、またその次の課題が出てきて次へ次へと勉強していって、結局秀才の方が辛い道を歩んでいるところもありますね。賢く生まれたのだから楽をすればいいのに、いつもその分余計に世の中から要請や期待が寄せられて、やらねばならないことが増えてくるわけです。おそらく東大生は将来仕事についてもそうなると思います。だからこそ、今はとにかく勉強してほしい。私が言いたいのは、そういう自分の置かれた立場というものを、辛いけれどもそれを自分に課された使命だと思って頑張ってほしいということです。将来的には世の中の役に立つ人になってほしいというメッセージが当然そこに入っていますが、学生のうちは自分の内面を高めることに徹してほしいと思います。今は自分のためだけに勉強することが、将来的には世の中の役に立つというふうに思ってもらいたいです。学生の時分から社会のために奉仕しましょうという考え方もありますが、私はそういう考え方には反対で、学生のうちは自分の能力や知識を高めることに徹してほしいですね。特に東大生に対してはそういうことをあえて言いたいと思います。自分の能力を高めることがむしろ東大生に課された使命で、それを将来的に社会にちゃんと還元できる、そうなるようにとにかく自分の内面を高めてほしいというふうに思いますね。

こう思うのは私自身の経験もあります。私は東大院を卒業して29歳で就職しましたが、それまでの間は社会的な貢献は何もしていません(笑)。でもそのかわり勉強をしていたわけです。就職して初めて自分の成果を教える立場になりましたが、やはり自分の内面を高める時期がないときっと何も社会に貢献できないんじゃないかっていう実感があります。だからこそ自分の内面や能力を高めることに集中してほしいと思います。

日本国憲法を教えるのもそれにつながっていますね。日本の国というのはどういう原理原則で動いているかということをしっかりと自分の中に埋め込んでもらったうえで、社会に出たときに行動してほしいと思いますので、そういう気持ちで教えています。こういうのもなんですが、私自身は教育というのは一方的に与えるものだと思っているんですよ。教えたことがすぐに自分の方に返ってきたり、社会に還元されたりということは考えていません。それがその人にとって全く意味がないということもあるかもしれない。それでも将来(笑)、将来ってちょっと漠然とした話だけれども、そうなったらいいなあ、とそういう気持ちで教えています。繰り返しになりますが、教育というのは本当に一方通行です。それを聞いた人の中に浸透して、それがまた誰かに伝わっていけばいいという、そういうつもりで教えています。たとえそれが答案の上に成果が出なくても、何らかの形でその人の中に残ってくれたらいいなと思って教えています。

取材後記

研究時間が十分に取れない中でも教育に真剣に取り組む姿勢が印象的だった。東大生は真面目だというお話があったが、渋谷先生こそ東大生の真面目さを持ち続けているのではないだろうか。

このページにコメントを送る
このページへの評価:
いい!よくない!
掲載日:10-10-30
担当:土本一貴
*